ブログトップ

こまどり日記

赤ちゃんの嗅覚

2015/12/25(金) 猛吹雪、白魔

一寸先も見えないほどの、雪の猛吹雪。
ビニールの傘を風よけにして
ssnのフォーラムで、ジャズの演奏を聴きに出かける。
こんな時には、透明なビニール傘は前方が見えるので最高に便利。


赤ちゃんの嗅覚


地下鉄電車のなかで見た光景。
真向いに赤ちゃんを抱っこひもで、前に抱っこしたパパと
若い、ママが座った。
c0123031_15525212.png

パパは、愛おしそうに
両手で抱っこひもの前をかかえながら、ゆすっている。
が、赤ちゃんは ぐずりはじめた。
そのうちに、のけぞり返って
泣き声がだんだんと大きくなり、電車中に響き渡るよな声になった。

この小さな体で、よくぞこんなに力強い声がでるものだ、と
私は感心した。

ママが、変わりますよ、と言っている。
が、若いパパは なかなか「うん」と言わない。
パパは、立ったり、座ったり、ゆすったりしている。
赤ちゃんは、ますます大きな声になり、
抱っこひもから出ている両脚を蹴るようにして暴れだした。

パパは、とうとう ママと交代をすることになった。
抱っこひもをママの体に装着して赤ちゃんもママの胸に移動した。

ママは、長い髪を垂らしている。
パパは、赤ちゃんの顔にかからぬよに
そっと、髪を束ねて、後ろに回していた。
とっても、微笑ましい光景だった。

赤ちゃんの泣き声はぴたりと止んで すやすやと眠り始めた。
パパは赤ちゃんの顔を覗き込んでチュウをした。
と、赤ちゃんは「やだよー」というようにのけぞり返って また泣いた。

人間の赤ちゃんにも、他の動物と同じように嗅覚が発達していて
臭いでママを見分ける、と聞いたことがある。
きっと、この赤ちゃんは、ママの臭いしか知らなかったのかもしれない。
[PR]
by komadori2s | 2015-12-26 12:01 | 人物 | Comments(2)

クリスマスカード

2015/12/21(月)

クリスマスカード

きょうのPC絵画クラブではクリスマスカードの作成。
Elements(エレメンツ)を使って。
c0123031_034910.jpg


雪を降らせる機能は、初めて知った。
一個の雪を作るだけでよい。
そして、Altキーを押しながら、どんどん雪を降らせていく。

ブラシツールの中に毛玉のアイコンがある、
これを小さくして粉雪を降らせる。
c0123031_99104.jpg

いつも、新しい機能の使い方や、楽しい作品つくりを
教えていただいて
講師の先生には感動と感謝の気持ちでいっぱである。
久美子さん、梅ちゃん、ありがとう!!
[PR]
by komadori2s | 2015-12-21 23:44 | PC | Comments(0)

納骨

2015/12/14(月)

納骨c0123031_21595386.jpg

久しぶりに乗るJR函館本線はなつかしかった。
札幌から、田舎の妹背牛まで。
車窓から見る12月の風景は雪がすくない。
広々とした田園にはうっすらとした雪化粧。
遠くに見える山々は白雪、青空との対比が美しい。
私は、膝の上に、母の遺骨を載せて抱きかかえている。

旅やお喋りが大好きだった母が、
懐かしい景色だねえ、といっているようだ。

深川駅に着いてから花屋さんで花を求め、それから
タクシーで妹背牛まで 菩提寺の法忍寺へむかった。

タクシーは、寺の境内まで入ってくれた。
と、寺の奥様が表まで出て迎えてくださり
「遠くからどうもお疲れ様でした」と
とっても良い笑顔で、私たちの荷物を受け取ってくださった。

母から見ると、息子以上に若い住職さんに、c0123031_2203221.jpg
毎年お盆には手紙を出していたそうだ。
住職の読経が静かに響き渡る。

そう、母は手紙を書くのも大好きだったので
きっと、天国でも手紙を書いているだろうなあ。
[PR]
by komadori2s | 2015-12-15 22:04 | 生活 | Comments(1)

2015/12/10(木) 暖か

クリスマスディナーショー

今年もまた、大好きなオペラユニットのレジェンドのディナーショーへ。
いつ聞いても、楽しく感動させてくれる。
今回はジャズも聞かせてくれた、よかったナアー。
”グラナダ”の曲もよかった。
特にバリトンの“スッチー”の響きのあるこえ、
歌い始めの丁寧さは素晴らしい!
c0123031_11242043.jpg

因みに「土屋ホーム」のテレビコマーシャルにも登場している。
キタラホールで交響楽団を背景に歌っている。

ジャンプの葛西紀明選手のレジェンドと、重ねているのだろう。

が、オペラユニットのほうが先に“レジェンド”の名前で
結成しているとのこと。
[PR]
by komadori2s | 2015-12-11 11:24 | 音楽・歌 | Comments(2)