ブログトップ

こまどり日記

<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

知床への旅

2014/07/26(土) 曇り

テレビに「札幌地方PM2.5」という注意報がでた。
初めて聞く言葉、なんだろう。
「微小粒子状物質」と言って空気中に漂う「煙霧」だそうだ。
東シベリアで発生した大規模な森林火災の煙が、北海道に達したらしい。
呼吸器系に気をつけるように、とのこと。


「女子会」の旅(1話)

c0123031_514214.jpgSSNの仲間4人で 世界遺産にも選ばれている「知床方面への旅」にいってきた。
女性は何より お喋りと食べることが好き。
ま、どちらも口が元気ということになる。

知床では、車窓から熊に会うかもしれない、と
かすかな期待をしていたが あえなかった。

青い空と雲、澄んだ空気、広い大自然は
気持ちがよかった。
[PR]
by komadori2s | 2014-07-27 05:04 | | Comments(4)

古い張り紙の作り方

2014/07/22(火) 晴れ

 迷い猫の張り紙 
(Photoshopで作成)


c0123031_19332175.jpg
6月のPC絵画は休んだので
7月になってから、そのテキストだけを頂いてきた。

タイトルは「年月を経た張り紙」の作り方で
そこに、「猛犬注意」の文字を入れ、こわーい、ブルドッグの顔画像を張りつける。

さて、テキストを見ると むずかしそうで 自分でできるかどうか自信はなかった。
古い張り紙の感じをだすのに、たくさんの手順を踏む。
行きつ戻りつしながら、迷いながらどうにかできてしまった!
嬉しいな、ばんざーい!

猛犬はちょっと恐いので 「迷い猫」の張り紙にしてみた。
この猫は、以前自分で描いた猫を張り付けてみた。

“発見”
自分で試行錯誤しながらやってみると
とても、よい勉強になった。
[PR]
by komadori2s | 2014-07-22 15:29 | PC | Comments(2)

カラスの赤ちゃん

7月19日(土) 晴れ

 昨日はPG、その前は暑気払いの飲み会、フラのレッスン、SSNの会議・・・、と続き
 毎日お出かけでブログのお休みがつづいてしまった。
 ま、年齢とともに、根気がなくなってしまったせいでもあろう。

カラスの赤ちゃん

c0123031_1523476.jpg

今年も、文化祭提出作品のFLASH制作が迫ってきた。
文化祭は10月3,4日。
今年のアニメは、「カラスの赤ちゃん」のお話を、
創っているのだが 遅々としてすすまない。

プロの作家でも間際にならないと描けないという方がいるから
私も、そこだけまねをしている。
[PR]
by komadori2s | 2014-07-19 15:06 | 動物・鳥 | Comments(2)

『いせ ひでこ』さん

2014/07/06(日) くもり

絵本作家の「いせひでこ」さん

日曜朝のテレビ、「短歌の時間」をいつも楽しみにみている。
今朝のゲスト「いせひでこ」さんの登場をみて、驚いた。
大好きでぜひ会ってみたいと思っていた方だから。

ふた月ほど前に、知人が
「いせひでこ」さんの絵本を紹介してくださった。
「大きな木のような人」という絵本。
私には、初めて聞く名前の作家だった。
c0123031_17395497.jpg

絵本を開いていくうちに、惹きこまれていった。
水彩画のやさしさ、やわらかさ、表情、描きすぎない空間・・・。
文章も語り過ぎない、短い一言。
読者の心に余韻が伝わってくる。
なんと素晴らしい絵だろう・・・。
わたしは、いっぺんに虜になった。

すぐに、検索で調べたり、絵本、エッセーを取り寄せた。
とても、繊細で、細い方だった。
少女のような雰囲気の女性。

また、ジャーナリストで作家でもある著名な
「柳田邦男氏」がご主人であることにもおどろいた。

テレビでは
「短歌は絵本の原石です」と、おっしゃっていた。
c0123031_17431960.jpg


きょうの投稿句作品のなかから私の好きな句
題名は野菜

  貨物車より
  転がり落ちし
  レタス ひとつ
  畑に残りて
  月に照らさる

[PR]
by komadori2s | 2014-07-06 17:32 | 読書 | Comments(2)

回文

2014/07/03(木)
 きょうは、フラレッスンへ。


回文作家

c0123031_50568.jpg

夕べの(2日)のラジオ深夜便はおもしろかった。
回文創作家の“徳永未来さん”のおはなし。

回文とは、「竹藪焼けた(たけやぶやけた)」「確かに貸した(たしかにかした)」
などのように逆さから読んでも同じになる文のことである。
または、後ろからよんでも文章になっている。

徳永未来(とくながみき)がペンネームで
著書の題名が(君が泣くとき)。
これも回文になっているから、なんと洒落たユーモアだろう。

徳永未来さんは『源氏物語』『平家物語』を回文で読み解いた
書籍を上梓(じょうし)している。

そのほかに面白い回文として

冷凍トイレ(れいとうといれ)
私負けましたわ(わたしまけましたわ)
旦那もホモなんだ(だんなもほもなんだ)


私も、回文考えていたら脳の活性化になるかもしれない。
[PR]
by komadori2s | 2014-07-03 04:57 | 読書 | Comments(3)