ブログトップ

こまどり日記

<   2013年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

魔女の一撃

2月27日(水)日射しが明るい、春めいてきた。

魔女の一撃
c0123031_14174456.jpg
その日の朝、私は「魔女の一撃」に襲われた。
ま、日本では「ギックリ腰」といわれているが、
欧米で言われている「魔女の一撃」のほうが面白い。

昨日だって、美術館へ行ったり、
地下鉄の階段だって若者と同じぐらいにタッ、タッ、タッ、と素早く降りてきた。
筋トレにもかよっている。

心当たりもないのに彼女は突然やってきた。

家人は、病院へ行け行けという。
が、私は安静が一番ということをしっている。

固い床の上がいいので、私は毎日床の上に
板になり寝転がってテレビをみていた。



絵日記 ブログランキングへ


電子書籍 ブログランキングへ
[PR]
by komadori2s | 2013-02-27 12:26 | Comments(2)

2月25日(月)
寒いが日差しが明るい

OKIさんのこと

c0123031_11231961.jpg
OKIさんの演奏は素晴らしかったが、トークも鋭どい切り口でうまかった。
原発、民族のことにも触れていた。

早速検索で調べさせていただいたら、
父は日本を代表する彫刻家 ”砂澤ビッキ”氏。
両親の離婚後、母親の再婚により、養父加納光於(銅版画作家)のもとで育つ。            ロビー、での演奏
OKI氏は自分にアイヌの血がながれていることは大学時代まで知らなかったそうだ。

東京芸大工芸科鍛金卒業。
後に音楽、美術、アーチストとして世界でも活躍している。

現在は旭川在住。

母も画家だそうだし、
やはり、血筋ってすごいなーと思った。

今も、哀調をおびたトンコリの音色がきこえてくる。

ここよりOKIさんの演奏YOUTUBEが見れます  

OKIさんのプロフイールは、ここよりみれます



絵日記 ブログランキングへ
[PR]
by komadori2s | 2013-02-25 10:38 | 人物 | Comments(0)

アイヌ音楽ライブ

2月23日(土)
雪が深い。
歩道は雪のトンネルを歩いているようだ。

美術館へ

c0123031_1426851.jpg札幌近代美術館でのコンサート。
「アイヌ・アート展」を見たあとに
「アイヌ音楽ライブ」を聞く。


展示会では、
木彫りや布などによるアイヌ工芸品展。
豊かな表現、技術、感性、すべてが独創的ですばらしかった。

                                  flashで描いてみた
4時から、美術館での
「オキ&マレウレウ」のアイヌ音楽ライブをきく。
アーチストでもある民族楽器トンコリ奏者の「OKI」さんの演奏もすばらしかった。
私は、トンコリという楽器は初めてみたし、演奏を聴くのも初めて。
ギターのように抱えての演奏。
太い音色だが、琴のような感じ。
太鼓のような響きもする。

OKIさんは、ご自分で楽器を作られるそうで、
木の部分は槐(エンジュ)、弦は鹿のアキレス腱だそうだ。

それから、
アイヌの伝統歌ウポポを伝承する
女性ヴォーカルグループ「マレウレウ」もきれいにハモっていてよかった。

民族の文化、伝統を継承するって、大事なことだとおもう。
今日は、とても良い日だった。
帰りは夕ぐれの明かりが灯っていた。
空気がやわらかい。
春は近い。

展示は3月24日まで。


絵日記 ブログランキングへ
[PR]
by komadori2s | 2013-02-24 14:34 | 生活 | Comments(0)

スケッチ

2月21日(木) 
まだまだ寒い

スケッチ

                  目を瞑っている女性と、前に座った青年のスニーカーをスケッチc0123031_16425762.jpg
人を描くのが好きなので
電車の中で時々スケッチをしてみる。
が、あまりジロジロ見るのは、失礼だし。
で、眠っている人とか、視線の合わないような人を描いてみる。

一筆書きのよな感じで早く描くようにいている。

また、隣に人が座っている時には恥ずかしくて描けない。

下手で雑な絵になるが、勢いがあるので、こんな絵も好きだ。

[PR]
by komadori2s | 2013-02-21 17:01 | 人物 | Comments(2)

蜩ノ記

2月18日(月)
雪が降る,降る。

葉室麟著 蜩ノ記
c0123031_2014180.jpg
2012年 直木賞受賞作品。
時代小説。

陰謀に巻き込まれ、十年後に切腹を命じられた 武士戸田秋谷の精錬潔白な生き方。
権力にひるむことなく、一日一日を大切に生きる秋谷の人柄に感動する。

文章が美しい。
寒村の四季の描写は、静謐な絵をみるようだ。

秋谷が書いていた日記「蜩ノ記」とは「日暮しの記」でもある。

物語の最後に
「蜩の鳴く声が空から降るように聞こえる」
「今、この瞬間に秋谷は命を経ったのだろう、」とある。
切なくも美しい描写だな~、と想う。
ほんとうに、カナカナと鳴く蝉時雨の声がきこえて来るような気がした。
心温まる作品だった。


絵日記 ブログランキングへ
[PR]
by komadori2s | 2013-02-19 20:02 | 読書 | Comments(0)

電子書籍

2013/02/14(木)晴れ

今年は雪が多い。
ここ真駒内は車が少ないので、雪は純白できれいだ。
車道と歩道のあいだに、雪の壁がたちはだかっている。
お城の中を歩いているようだ。


電子書籍  
                                このように、ページをめくりながら読む!
c0123031_15515556.jpg
札幌市中央図書館の
「電子書籍実証実験モニター」に参加してみた。
8名ほど。

場所は、SSNのサロンで。
図書館関係者の方が5名ほどいらして説明をしてくださる。

来年度から、札幌市図書館でもこの「電子図書館」
取り入れるとのこと。
今はまだ実験段階とのこと。

それに向けて
シニアが電子図書を読むときに
少しでも、使いやすくするための改良てんをみつけるためのようだ。
私が「文字が小さくてよく見えないですねー」
「ボタンがわかりづらいですね」と、言うと
すぐ、担当の女性はメモをしていた。

私は、指でページをめくるiパッドなるものを
初めて操作してみた。
面白そう!

この、電子図書館を利用すると便利なことは
PC,iパッド、上だけで
本の予約から,読む、返却までできてしまう。
図書館に、直接出向かなくてもよいのである。
うわ~~、驚き~~(@_@;)。

今、私が図書館を利用しているのは
パスワードを作って、
自宅からPC上で、予約をしたり、本の検索をしたりしている。
貸出OKの連絡はメール上で受ける。

だから、本の受け取りと、返却だけは図書館へ出向く。

こんなに便利になって、その功罪はわからないが
驚くことばかりだ。
[PR]
by komadori2s | 2013-02-15 11:16 | 読書 | Comments(4)

百人一首

2月5日(火)

百人一首

c0123031_5384694.jpg
この日はSSNの行事でお茶会と百人一首のお遊びがあった。

緋色の毛氈、茶釜からは湯気、茶花、和服の女性、静かな空間。
梅の和菓子、緑のお抹茶。
久しぶりのお抹茶は美味だった。
いつもは、元気で賑やかだが、
きょうは静寂。

百人一首は、読み手の余韻を聞いただけで
とってしまう人がいておどろいた。
昔取った杵柄で、皆張り切った。
  
c0123031_19273570.jpg

[PR]
by komadori2s | 2013-02-06 19:50 | 生活 | Comments(2)

Gifアニメ

2月4日(月)
立春とはいえ、まだまだ寒い。

GIFアニメ

c0123031_2231058.gif
きょうはHPクラブで、HPビルダーを使って 簡単アニメの作り方をおしえてもらった。
パラパラ漫画である。

簡単とはいっても、色々な機能を使って結構複雑である。
帰宅してから忘れないうちに、復習をしてみた。
できた!できた!嬉しいな!

[PR]
by komadori2s | 2013-02-04 20:37 | 生活 | Comments(2)

お雛様

2月1日(金)

2月


今日から2月。

c0123031_852782.jpg

まだまだ、雪は深く寒い日が続くが、
日差しが明るく、柔らかになってきたような気がする。
空の向こうには、春が透けてみえる。

さて、正月の羽子板飾りから、お雛様に模様替え。
長女が生まれた時に母が贈ってくれた木目込み人形のお内裏さま。
40数年前だから、色はあせてきているが骨董てき価値がでてきて
趣がある。

台の裏に、母の一句が書いてある。

          江戸にきて求めし雛の あどけなく
          なおみの笑顔 重ねて想う

                             東京日本橋高島屋にて
                             祖母  ももこ

走馬灯のように想い出が流れてきて
目頭が熱くなった。

[PR]
by komadori2s | 2013-02-01 16:40 | 生活 | Comments(2)