ブログトップ

こまどり日記

<   2012年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

冬の雷

11月27日(火)

冬の雷

                   雷と猛吹雪をイメージしてみたが、あまり迫力がないなあー
c0123031_1092162.jpgもう、一週間も前のことになるが
突然の猛吹雪で、また冬の雷というのもはじめてで驚いた。

この日はSSNのオープンサロン受付当番なので朝から出かけなければならない。
朝から吹雪いていたので、こんな日に出かけるのは気が重くていやだなあ、と思いながら出かけた。

サロンの窓からみる外の様子は、
眼前にある高層ビルも雪嵐で消されてみえない。
白い雪は唸りを上げて渦を巻きながら荒れ狂っている。
獣の咆吼のようだ。
と、突然閃光の稲光がした。
冬の雷だ。
天地が壊れるような気がした。

こんな日は誰も来ないだろうなと、思っていたら
二十数人もきた。
皆、雪だるまのように真っ白になってはいってきた。
それぞれ、打ち合わせとか、PCの勉強とか、グループの勉強会などである。
我がシニアは元気だなあー、と感心する。

帰りには、遭難しないようにねー、と声をかける。

やはり、夕方のテレビのニュースでは全道が荒れ狂ったようだ。
特に、登別市では 鉄塔がたおれ全市の電気がストップ。
この寒空に市民は震えていた、
4日ぶりにやっと、電気がとおりホッとしている。

   翌日には静寂な晴天、裸木になったプラタナス並木
c0123031_1016617.gif

[PR]
by komadori2s | 2012-11-29 19:39 | 生活 | Comments(0)

NHK杯 フィギュスケート

11月26日(月)
朝、目覚めて窓のカーテンを開けたら、一面真っ白の雪景色だった。


NHK杯 フィギュスケート

三日間にわたり、フィギュスケートの放映があった。
この美しい競技には、 テレビに釘付けになりみとれていた。

どの選手も華麗で、優雅で美しい。とくに、指先の表情はなんと美しいのだろう。


下記の写真はテレビより撮影した。
c0123031_15514783.jpg
エキジビションでの大輔くんのアンコールは”マンボ”を踊った。もう、ため息がでるほどうまくて男の色気を感じるなあ~。     


c0123031_15531179.jpg
アイスダンスも、男と女のなんと美しい情愛の表現だろう。これもうっとりしてしまう。

c0123031_15533694.jpg

c0123031_15542583.jpg

[PR]
by komadori2s | 2012-11-26 15:55 | その他 | Comments(0)

うたた寝

11月25日(日)

うたた寝 
2012/11/25(日)

c0123031_11194440.jpg 
 c0123031_1412428.jpg
うたた寝ほど、気持ちのよいものはない。
長椅子に寝転んでテレビを見ていると、
いつの間にか深い眠りにはいっている。

心も体も、とろけそうなほどうっとりしている。
脳はピンク色になっているようだ。

私は早起きのため、いつも夕方7時ごろになると眠くなる。
9時頃になると、夫に起こされる。
「布団に入って寝れよ」と。

わたしは、この"とろけそうなウットリ”の続きを貪ろうと思い、急いで布団にはいる。
が、雲散霧消のごとく消えてしまう。

目も心もパッチリと開いて眠れない。
仕方がない、布団のなかで 本など読んでいると夜中の2時までおきてしまった。
いつもは10時頃にはねるのだが。

楽しみにしていたNHKのフイギアスケートを見ることができなかった。
ま、録画予約をしておいたので明日の朝、みることにしよう。

[PR]
by komadori2s | 2012-11-26 11:22 | 生活 | Comments(2)

『神田川』

2012/11/20(火)

名曲「神田川」 

c0123031_949599.jpg
作曲、歌、南こうせつ  作詞、喜多条忠

この詩は、なんと美しいのだろう。
青春の思い出を歌っているのだが
とくに、
 ~若かったあの頃 なにも怖くなかった~
 ~ただ貴方のやさしさが怖かった~

のところが好きだ。
青春って、美しくもあり、切ないよなあ~。

わたしには、こんな想い出がないからこの作詞者が羨ましい。

こんなに素敵で美しい詩を書く、作詞者を知りたくて検索で調べてみた。
喜多条忠氏は  その後、 
「女房逃げれば猫までも」という、自伝小説をだしていることを知った。
題名を聞いただけでも、面白そう。
こんな、いい青春を送った人のその後の人生も知りたかった。

もう、面白くて笑いながら一気に読んでしまった。
詩を書くひとだけに、語彙が豊かで、文もうまいし、なにより自然体のユーモアがいい。

題名のごとく、女房ににげられるのだが、女性にもてすぎて、女性遍歴が多いようだ。

小さな二人の子供を男手一つで育てていくのだが悲愴感がない。
ペーソスとユーモアで、ほのぼのとしている。
が、根底に流れているのは自分の出自。
自分に流れている血、だろうと思う。
氏は、1947年生まれとあるから、今はもう65歳になっているのだろうなぁ~。

神田川の詩から、紆余曲折のホロニガイ65歳までは、
これが人生なんだよなあ~、と共感をおぼえる。

氏は他にもこんな作詞をしている
梓みちよの『メランコリー』
アグネス・チャン 『ハロー・グッバイ』
いしだあゆみ 『港・坂道・異人館』
『暑中御見舞申し上げます』『男たちのメロディー』など

南こうせつの歌はここより聞けます  
[PR]
by komadori2s | 2012-11-21 08:30 | 読書 | Comments(2)

がまんの芸術

11月18日(日)
 初雪、史上2番目に遅い雪ださうだ。


 「がまんの芸術」 

18日、NHKテレビ「日曜美術館」   
 不屈の魂が生んだ芸術。 強制収容所に生きた日系人の尊厳と希望


今朝、この番組を見ていて、胸が熱くなり涙が溢れてきた。

第二次大戦中のアメリカで砂漠地帯の強制収容所に入れられた日系人達が、厳しい収容所生活の中で作り出した日用品や工芸品の数々だ。材料はゴミ同然のブリキや木切れ。絶望のどん底に突き落とされながらも、“創意工夫”と“知恵”で作ったものだ。

それらに宿るのは、絶望のどん底に突き落とされた日系人たちの、不屈の精神=“GAMAN”だった。

想像を絶する、つらく、苦しい生活のなかで
このような、素晴らしい作品を創っていた日本人。
この精神性はなんと、すばらしいのだろう。
まさに「尊厳の芸術」である。
私は、感動で心が震えた。

下記の写真は、テレビより撮影。

   人間として扱われず、荷物のように名札をつけられ、番号で呼ばれていたそうだ。   
c0123031_17514127.jpg


鉄くずで作ったのみで彫られた芸術性の高い作品
c0123031_17521189.jpg


割れたガラスでヤスリをつくり、石を削ってできた硯
c0123031_1755274.jpg

小型の仏壇をつくり、みんなで朝晩手をあわせていたそうだ
c0123031_17555575.jpg


砂浜から拾ってきた木の根から創られた躍動感のある鳥
c0123031_1810828.jpg


アメリカ・スミソニアン博物館で開かれている『THE ART OF GAMAN』=”我慢の芸術”より
c0123031_17564871.jpg

アメリカの展示会場では、多くのアメリカ人が感動してみていた。
そのなかで、印象に残った婦人の言葉がある。
「恥ずかしいことです」と。

[PR]
by komadori2s | 2012-11-18 17:57 | その他 | Comments(2)

WORDでお絵かき

11月16日(木) 
晩秋 歩道は落ち葉でしきつめらrている。
カサカサと踏みしめて歩くのも、ロマンがあるなあ~~。


WORDでお絵かき

                  WORDで描いたサンタクロースc0123031_1382144.png

きょうは「PC絵画クラブ」の講座では、WORDでお絵かきをならった。
WORDでこんなに楽しい絵が描けるなんて驚き!

丸や、四角を変形させて組み合わせていく。
色もグラデーションや、回転などもあり、変化のある色彩にもできる。

ほんとうに、パソコンて優れものだなあ~。
わたしは遊びの分野でPCを楽しんでいるから
ま、大人のおもちゃのようなものだ。

PCのおかげで老後がバラ色なんだから
PCと出会って、ありがとう!

[PR]
by komadori2s | 2012-11-17 13:27 | その他 | Comments(2)

りんご

11月12日(月) 雨、強風

一日おきに雨ふりが続く、気分もしめっぽくなるなあ~。

りんご

                  りんごはflashで描いて、背景はPhotoshopを使ってみた。
c0123031_2193135.jpg
今年も、故郷の友人からりんごがおくられてきた。
その都度、いつも水彩ソフトや、ペイントで描いてブログにのせている。

flashでは陰影や、にじみをだすことはできないが、ことしは、flashでえがいてみた。

なぜか、りんごの絵は何度描いても楽しい。
りんごは絵になる最高のモデルなのだろうか。
世の有名な画家たちも、りんごの絵はたくさんある。

丸いものって、人の心を穏やかにさせるのかもしれない。

[PR]
by komadori2s | 2012-11-12 21:28 | | Comments(2)

シャボン玉

11月8日(木)
久々の快晴


シャボン玉

c0123031_745350.jpgこの日はFLASHの講座で「シャボン玉」の作り方をならった。
虹色のシャボン玉が青い空をふわふわと飛んでいき、パチンと弾けるアニメーションである。
むずかしかったが、出来上がった時には感激だ!
帰宅してから、復習をしてみるが最後でつまづき、シャボン玉がふわふわ飛ばないで
ストンと草原に落ちてしまった。


このエキサイトのブログにも動画をアップできるらしいが、
私は、まだできない。
そのうち、勉強をしてupできるようにしておく。

それで、静止画をのせてみた

[PR]
by komadori2s | 2012-11-09 18:42 | 人物 | Comments(2)

雨ふり

11月7日(雨)

雨ふり

c0123031_21373151.jpg
この一週間程は、毎日雨が続く。
こんな体験は初めて。
自転車が使えないのが不便。
大きな傘をさしても、足元や前の方や、バッグも濡れる。
履き慣れない雨靴は、足が疲れる。
こんな長雨は、あれやこれやと不満ばかりだ。

やはり、北海道人は雪の方がいいなあ。
だって、傘ささなくてもサラサラ雪だから濡れないんだもん。

c0123031_21152027.gif

c0123031_2141321.jpgちょうど、こんな日
FLASHで波紋の作り方を習った。ここでは動画を載せる技術がないので静止画でのせてみた。
[PR]
by komadori2s | 2012-11-07 21:16 | Comments(2)

マリリンモンロー

11月6日(火)雨


 「マリリンモンロー」の映画 
c0123031_2048948.jpg


この日、SSNシアターでは、マリリンモンロー主演の紳士は金髪がお好き」の映画が上映された。コーヒーと、おやつつきである。
1953年にアメリカで公開されたコメディ・ミュージカル映画。
60年ぐらい前の映画になる。

私は、雑誌などでは世界的に有名なモンローは,もちろん知っていた。
が、映画は一度もみたことがなかった。
色っぽくて、グラマーな女優さん、というイメージがあった。

が、この映画を見ての印象は、ストーリーはあまり面白くなかったが、
なんと可愛らしくて、あどけないんだろう。
色っぽいというよりは、幼くて可愛かった。

ま、それは自分が年をとってからみたからだろうなあ~。

[PR]
by komadori2s | 2012-11-06 21:23 | Comments(0)