ブログトップ

こまどり日記

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

冬のおしゃれ

2月26日(日)雪

冬のおしゃれ

c0123031_17465285.png
冬のコートをflashでえがいてみた。
ストールの雰囲気がうまくできたので嬉しい。
[PR]
by komadori2s | 2012-02-26 17:35 | Comments(4)

2012/02/26



c0123031_15143173.gif
ダルビッシュは、育ててくれた日本ハムを去るときの
会見をテレビでみた。
会場であるドームには1万人を超えるファンでいっぱいだ、泣いているファンもいる。

わたしは野球のことはあまり知らないがc0123031_15163455.gif
ダルビッシュのファンである。

彼のあいさつのなかで野球によせる思い、これからの希望、などを
聞いているうちに、私も目頭がウルウルしてきた。

彼も胸がいっぱいになり、万感迫るおもいだったろう。
わたしは、彼にはここで涙を流さないでほしいと思っていたら
やはり、涙をみせなかった。
ぐっと、こらえたのだろう、と思う。

素人ならいくら涙をみせてもよいが、
プロと名のつく人は テレビの前でやたらに涙をみせるべきではない、
と私は思っている。

諸外国の大統領で民衆の前で涙を見せた人達は
みな落選しているそうだ。
民をまとめたり、自分を律するには、精神力が弱くて政治家にはむいていないという事なのだろう。

ダルビッシュは偉い!
世界で活躍することだろう。
応援しているからね!
[PR]
by komadori2s | 2012-02-26 14:52 | 生活 | Comments(2)

朝ドラ

2月24日(金)雪

朝のドラマ、カーネーション

c0123031_1461434.png
いつも朝のドラマはあまり見ないのだが、
有名なァッション界のデザイナーの物語なので楽しみにみている。
・・・が、しかし3人の母娘は強い。
特に、次女の可愛げのないこと。
大人になってからも、みかんを投げ合って三つ巴になっての取っ組み合いの喧嘩である。
驚いた。
この母も強くてきつい。
それにもめげず、娘たちは世界を舞台にデザイナーとなって羽ばたいて行くのだからすごいなー。

小心ものの私など、親にこんなにどなられたら、いっぺんに潰れてダメな人間になってしまいそうだ。

それに、この大阪弁も聞くことはできるが わかりづらい。
[PR]
by komadori2s | 2012-02-25 16:07 | Comments(0)

刺し子

2月20日(月)

刺し子

c0123031_11434690.jpg
藍染布にたっぷり刺し子模様を刺した小袋が3個もできた。

私は飽き性で、二つとして同じものをつくるこたができないのである。
子供のころにも手袋や、靴下を編んでも、かならずカタビッコになってしまった。
この模様は気にいっているので
めずらしく色違いの布に刺して,同じものを3個も作ることができた。

この藍染の袋は母親にプレゼントをしよう。
[PR]
by komadori2s | 2012-02-25 11:57 | Comments(0)

フラレッスン

2012/02/16(木)
2月中旬、一番寒い日。
手稲駅前、空気が凍っている。
顔も凍っている。
ストールで、顔を覆う。
春はもうすぐだと思うが、まだまだ寒い。


フラレッスン
c0123031_1843660.png
久しぶりのフラレッスンへ。
1月はFlashの学習会と重なったのでフラを休んでしまった。

しばらく踊らないと、すっかり忘れてしまった。
正月太りの体も重いままだ。

やはり、皆さんと踊ると楽しい。
今年の新曲は 「 Peariy sheiis」(美しい真珠貝)のレッスン。
美しい真珠貝より君をあいしているよ、という愛の曲である。
きれいな旋律で、美しい。

美しく、情感豊かに踊れるようになりたいと思っているのだが。
9月の文化祭までに覚えなくては。
[PR]
by komadori2s | 2012-02-17 18:43 | Comments(4)

沢庵談義

2月10日(金)

沢庵談義
c0123031_9531671.jpg

沢庵といっても、味のことではなく、くさい話である。

この日は、SSNサロンのオープンサロン日でK子さんと二人で受付を担当していた。
オープンサロン日とは、だれでも自由に参加できて、PCのわからないことなどを
相談したり、グループの打ち合わせなどに使える日である。

この日も30人近い人たちの利用で賑わっていた。
特に昼食の時には、談笑テーブルでみなさんもちよりのお菜が配られ楽しいひと時でもある。

何方かの差し入れで、パックに詰められた沢庵が回ってきた。
皆さん喜んでいただいていたが、最後に、3キレほどが残っていた。
部屋は沢庵の臭いにおいが充満していたので窓を開けて空気の入れ替えをした。

後片付けをする私は、3キレをごみ箱へ捨てようとしたら、K子さんはすかさず
「いえ、いえ、わたしが自宅に持ち帰って処分をします」
「沢庵の臭いはとても臭くてこもるんです」
と言って、ビニールに何重にもくるんで紙袋にしまっていた。

K子さんは、海外生活の経験があるそうで
外国では、この沢庵のくさい臭いが一番嫌われているとのこと。

夕方の5時ごろ帰宅の二人はバス停の前でわかれた。
薄暮のホテル前のブルーのライトアップは、雪景色のなかに美しく溶け込んでいた。

翌日、K子さんからきたメールをみて大笑いをした。
帰宅してから、あの3キレの沢庵の入った紙袋をサロンに忘れてきたことに気がつき
「あの沢庵を一晩、サロンに置いておくと臭いにおいが充満しては大変」
と思い再度、取りに戻ったとのこと。

たった、3きれの沢庵に振り回されて、暗くなった無人のサロンまで
引き返したK子さんの、お人柄に感服した。

私も、以前こんな逸話を聞いたことがある。
海外旅行に沢庵を持参したそうだ。
飛行機のなかでその臭いが充満して、スチュアーデスの方がガス漏れと思い大騒ぎになり飛行機は
引き返したという話をきいたことがある。
笑えぬような笑い話である。

ま、日本人にとってはおにぎりに沢庵はなにより
美味しい自慢の食であるが、臭いには気をつけなければならない。
[PR]
by komadori2s | 2012-02-10 10:10 | 生活 | Comments(5)

flashで万華鏡

2012/02/9(木)

flashで万華鏡 c0123031_12555156.jpg

寒い、歩道はスケートリンクのよう。
転ばぬように、小刻みにへっぴり腰であるく。

新しいPCになってから、いろいろな設定をするのに
時間がかかり、ブログをやすんでしまった。

PCは私のおもちゃのようでもあり、
親友のようでもあるので
人生を楽しく過ごさせてくれている。

この日はflashの講座をうけてむずかしいけれど、楽しかった。
きょうは、万華鏡をつくりキラキラと回る映像ができて喜んでいる。
さあ、復讐をしなければ忘れぬうちに。
[PR]
by komadori2s | 2012-02-10 09:49 | 生活 | Comments(0)

幽霊のいたずら・・・

2012/02/01(水)

幽霊のいたずら・・・

第1話

とうとう、新しいパソコンを買うことになりやっとブログ発信ができるようになった。
PC故障のいきさつは、いまだに謎である。

まあ、そのいきさつのお喋りをさせていただくことにしよう。

c0123031_11101280.jpg
その夜私は、PCの電源ボタンを切り蓋を閉じて就寝した。
その時点でひげ爺さんは遅寝なのでまだ起きてテレビを観ていた。

翌朝起きてから、PCの電源を入れたが、液晶画面が黒いままで画面がでてこない。
私は不思議に思ってよく見ると、前面に水滴がついている。
PCを持ち上げてみると、パソコンのそこから水滴がおちてきて
おもらしをしたように、机の上に丸く水溜りができていた。

私は驚き慌てふためき、ひげ爺さんにきいてみた。
「オレはパソコンの部屋にも入らないし、触ったこともない」という。
すぐに富士通に電話をしてきいてみると
「PCの中には水の出てくるようなものは入っていないのでそのような、
 事例はないのでわかりません、購入したお店にご持参ください」

ビッグカメラに持参したが、そこでも同じことを言われた。
故障箇所を調べてもらうのに十日間ほど待つことにした。


第2話

我が家は老夫婦二人暮らしで小さな子供もいないし、ペットも飼っていない。
間違って水をこぼすような者は誰もいないのである。
パソコン部屋といっても,居間と続いていて4畳ほどの小さな空間である。
鉢植えが一つおいてあるくらいで、水けのものはなにもない。

だから、私は欠陥商品のPCだと思っている。
がSSNの仲間たちに聞いても、みなPCから水が出てきたなど聞いたこともないし、考えられないという。

私はかすかに髭爺を疑っていた。
しかし、ひげ爺には嘘らし表情とか、目には一点のくもりもなく正直そのままである。
ひげ爺さんと私は、摩訶不思議な現象に毎日首をかしげていた。

ビッグカメラから、診断内容の報せがあった。
「装置内部に液体が侵入して腐食が確認、されました」というような内容で
修理には9万なにがしかがかかるとのことである。
やはり、人為的な過失のようである。

私には心当たりがある。
髭じいは時々寝ぼけることがある。
夜中にトイレを探すのに居間をうろうろしていたことや、
テレビを消さないで、つけっぱなしで寝てしまう、など。
そして翌日そのことを、聞いてみるとまったく記憶にない。
ま、夢遊病者である。

今回のことも
「俺がそんなに金のかかることを、わかっていてするわけがないだろう」
と、人ごとのように笑っていう。
PCは購入して1年2ヵ月で、夕べまで快適に動いていて、たった、一晩の間の出来事である。

「それにしても、不思議だなあ~、あんたが夜中に起きてきて間違って水でもこぼしたんじゃないの・・・」と妻を疑う。
私はPCの傍では絶対にお茶やコーヒーは飲まないようにしている。
PCは私の無二の親友だから決してそんなことはしない。


c0123031_1155311.jpg「俺がするわけないだろう」
「夢遊病者だから記憶にないんだよ、あ~~、恐ろしい恐ろしい」
「つまり、我が家には幽霊がでてきたんだね」

私が、想像するには台所と間違えてコップの水を流すつもりでかけたのではないだろうか。
二人の憶測は、どこまでいっても水掛け論になってしまうので、幽霊のせいにしておこう。
[PR]
by komadori2s | 2012-02-02 09:53 | 生活 | Comments(6)