ブログトップ

こまどり日記

<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

PC故障

PCが故障して修理に出してます。2,3週間ほどブログ休みます。
不思議なんです、PCの底から水がでてきたんです。
怪奇現象でしょうか?
[PR]
by Komadori2s | 2012-01-18 09:59 | Comments(2)

火事場の馬鹿力

2012/01/09(月)(―1度) 晴れ

火事場の馬鹿力

c0123031_12594788.jpg

今日の午前中はSSNの役員会があるので朝の9時半頃家を出た。
この日は、ひと月に一度の「燃えないゴミの収集日」なので両手に大きなゴミを持って出た。
ゴミステーションの前にくると、収集されたあとだった。

「アッ、タッチの差だった」
「今、窓から見たときには、ゴミステーションには、まだ沢山のごみが積まれていたのに」
「玄関を出るほんの数分のうちに車は立ち去っていったのだー」

ガチャガチャという割れ物を放り投げる音がしたので
前方をみると、200メートルほど先のゴミステーションのゴミを
係りの人達が収集車の後方に放り投げている。

「走れば間に合うかもしれない」
「それー」
私は急いで雪道を走った。
「あぁぁ~~~」
後、一歩というところで収集車は動きだし、角を左に曲がっていった。
「でも、次のゴミステーションで止まるから追いつくかもしれない」

又、走った。
200メートルほど先に車は止まった。
アッ、あそこはゴミが少なかったのだ、3,4個投げ入れたらすぐに発車してしまった。

「どうしよう、このゴミを自宅に持ち帰ると、今日の会合に遅れてしまうし・・・」
「このままゴミを持っていたら、捨てるところがないから地下鉄にのっても持っていなければならない」
今日のゴミは燃えない物だから、壊れたラジカセ、割れた瀬戸物、つぶれた鍋釜、などである。

「よし、やっぱり、車を追いかけよう」
又走った。
雪道は走っても走っても、三歩進んで二歩下がるで なかなか進まない。
「オーイ,待ってくれー」
と、叫んでも声は雪に吸収されて届かない。
車はまた左角を曲がって見えなくなった。
「もう、どこまでも追いかけるしかない。」
「あっ、200メートルほど先に車が止まっている」
「それ―」
走る。

こんどはたくさんのゴミがあるらしくボンボンと投げ込んでいる。
「間に合うかもしれない」
が、近くまできたら、またしても車は動き出した。
「待ってくださーい」
息も絶え絶えに叫んだ。
やっと、声が届いたらしい、係りの人が振り向いてくれた。
「あぁ~~、やれやれ、」
生きかえった心地がした。

夕方、帰宅してから考えてみるには、あの走力は
「火事場の馬鹿力」だったのかもしれない、と思った。
[PR]
by komadori2s | 2012-01-09 16:38 | Comments(8)

大雪

1月7日(土)

どか雪

c0123031_1162361.jpg
新年になってからはどか雪が続く。
除雪、排雪が追いつかないらしく、街中は雪の山である。
車道は細くなっているので車の交差が危ない。
信号を渡るにも左右がみえないのでこれも危ない。
つるつる道は、転んでは大変だから抜き足さしあし、忍者歩き。

4日はSSNの新年会
7日はflashの新年会をかねての作品発表
どちらも、食べ物もちよりなので、すごいごちそうだ。

正月休みは、flashの作品作りで明け暮れしていた。
どうにか、喋りながら歩いている、かわいいのができてやれやれ。
さあ、ことしもflashをマスターして楽しく過ごそうと思っている。
[PR]
by komadori2s | 2012-01-08 11:08 | Comments(2)

今年の箱根駅伝

15:03 2012/01/03(火)

ことしの箱根駅伝

柏原君往路優勝。2位と5分7秒の差をつけて。
c0123031_1620930.jpg 
        自然にでる、このガッツポーズがいい
c0123031_1625615.jpg

すご~い!やったね~!
東洋大学総合優勝おめでとう!2位と9分差この記録はこの先破られることはないだろう、という神業的な記録だった。

私は心のなかで東洋大学を応援していた。
あの山のぼりの怪物くん柏原君がいうには
「僕らのチームは、エリート集団ではないけれど、雑草魂でも強いんだというところをみせたい」と。
この言葉が好きだった。                  
                             これが襷でつなぐ真の絆c0123031_16395010.jpg

柏原君のファンでもあるが
このチームの酒井俊幸監督が素晴らしい。
若干35歳でイケメンで学生たちと並ぶと、学生とまちがえてしまう。
素晴らしいところは、選手の潜在能力をみぬくところだ。

柏原君も高校のときは無名の選手であったという。
今年、4区を走った1年生も高校のときは無名だったという。
が、4区を走って区間賞の記録をだした。
二人とも、酒井監督にみいだされて素晴らしい能力をだしている。
なんと素晴らしいことだろう。

また、箱根にでることは、東大に入るよりむずかしいのだと聞き
それでは、と、箱根を選んだという選手もいたそうだ。

それにしても、柏原君の山登りの速さは、体の中のどこがちがうのだろう。
心臓、あるいは肺活量???
実業団にはいっても活躍してくれるだろう。
応援しているからね―。
[PR]
by komadori2s | 2012-01-05 16:47 | 生活 | Comments(4)

辰年

2012年元旦(日)

辰年
c0123031_17514368.jpg
c0123031_6303893.pngあけましておめでとうございます。

今年は辰年、わたしは年女である。
子供のころ、母親が言うには龍は架空の動物で、いるようないないようなものだから、
それでおまえもボーッとしているんだね、とよく言われたものだ。
自分でも、そうかもしれない、と思っていた。

が、大人になってみると 竜神様とか、美しい乙姫様が住んでいる竜宮城、登竜門、などに竜がいる。
竜は偉いのだということに気がついた。

後に「竜の落とし子」という魚のいることも知った。
子供のころ妹は「竜のおとしごろ、おとしごろ」と言っていて、家族で大笑いをしたものだった。

因みに夫はねずみ年である、龍とネズミの夫婦はどんなであろうか。
[PR]
by komadori2s | 2012-01-01 05:00 | Comments(3)