ブログトップ

こまどり日記

無名のランナー

2011/02/27(日)
c0123031_22225798.gif

無名のランナーに感動

この日は東京マラソンをテレビでみていた。
市民ランナーも参加して3万6千人もの参加である。
祭りのようだ。
抽選でこの人数。
ジョギング人口の多さに驚いた。

日本人1位は世界選手権代表にえらばれることにきまっていた。

先頭集団は、海外招待選手や日本人実業団優勝候補選手6,7人の塊が超スピードで走っていく。
そのなかに無名の市民ランナーが一人混じっていた。
彼は途中、先頭から遅れどんどん離れていって見えなくなった。
解説者も、誰しもが注目はしていなかった。

が、後半になって、彼はもくもくとした走りで先頭に追い付きアッ、という間に日本人のトップ選手を追い抜いて1位に躍り出た。
そして、全体では3位だが日本人トップの好タイムで代表権を得た。

彼は、川内優輝君、23歳、埼玉定時制高校の事務職員。
学習院出身の選手というのもめずらしい。
目立たないけれど、いろいろな大会に出て走っていたそうだ。

実業団選手をおさえての優勝に、胸が震えるほど感動して
私は、テレビの前で思いっきり拍手をした。

ゴールした後は倒れこみ、息も絶え絶えで医務室へ運ばれていった。
大丈夫だろうか・・・、まさか死んだりはしないだろうか、と私は心配した。
が、聞くところによると彼は6回走って5回は医務室に運ばれている、というから笑ってしまった。
走るときは、いつも死んでもいいと思って走っているという。
異色の市民ランナーが、世界切符をつかんだ

私は、歴史上の人物でも、評伝でも、表舞台に立たない陰に隠れた人物が好きだ。
川内優輝くんも、そんな一人で感動と勇気を与えてくれた。
ありがとう!
[PR]
by komadori2s | 2011-02-28 22:25 | 人物 | Comments(5)

シコ踏みで筋肉

2月20日(日)
シコ踏みで筋肉
c0123031_1462478.jpg
 今日は、地域で 健康体操を指導していら っしゃる男性の指導をうけてきた。
楽しく、笑いながら、気軽に、がモットーである。

日常生活を送りながらできる筋トレ。
朝、目覚めたら布団のなかでは背伸びをしてから起きるとか、
寝転んで股関節を廻す、などなど。

シニアになって、腰痛,転倒を防ぐにはなにより筋肉を鍛えるのが大事。
ウォーキングだけでは、筋肉は鍛えられないとのこと。

何より効果大なのは お相撲さんのする 股わりでシコを踏むポーズだそうである。
股関節の筋肉を鍛えるのが大事らしい。
1日、10回すればよい。

こまどりは20年来続けてきたヨガもやめてから3年が経つので貯筋
もすっかり使い果たした。

なにより難しいのは、続けることである。
三日坊主のこまどりだが、ようし、あすから ドスコイ、ドスコイとやってみよう。
[PR]
by komadori2s | 2011-02-20 11:55 | 生活 | Comments(4)

スケッチブック

2月18日(金)

スケッチブックより夏の道庁
c0123031_20502689.jpg
この1週間は毎日のように出かけていて,ブログをあげる暇がなかった。
SSNの役員会は道庁の裏にある促進センターで。

道庁の煉瓦造りの重厚な建物はいつみてもよいなあー。
屋根には雪をかぶった風情もまたいい。
[PR]
by komadori2s | 2011-02-18 20:38 | 生活 | Comments(0)

自画像

2月12日(土)

自画像
c0123031_17335573.jpgまあ、似ても似つかないけれど理想のイメージで。

この土曜日は1日中、PCと格闘。
flashを復習しても、途中で挫折。
気分転換に、自分のエキサイトブログの側面に
名刺を作って貼り付ける遊びをしてみた。
が、これも挫折。
自画像などを描いてあそんでから、この貼り付けができない。
何度も行きつ戻りつしながらやっているうちに
頭がいたくなってきた。
[PR]
by komadori2s | 2011-02-13 08:12 | 人物 | Comments(4)

お洒落な袋

2011/02/11(金)
久しぶりに髭じいさんと雪まつりをみにでかける。
めずらしくケンカもしないで無事帰宅。
水彩画展もみてくる。


お洒落な紙袋
c0123031_19104434.jpg
このお洒落な紙袋みたことありますか。


こまどりは初めて見たので、この面白さに驚き、たちまちのうちに魅せられた。
描かれているのは、単純化された人物、フランスふうの男女がたくさん。

知人のお宅の帰りに頂き物を、この袋にいれてくださった。
彼女はフランス旅行から帰国したばかりだったので
「フランスのショッピングバッグかもしれない、さすがお洒落なフランスはセンスがいいなあ~」
と、思いながら翌日お聞きしたら、なんと東京の“アンデルセン”というパン屋さんの袋だという。
札幌にもあるかもしれないよというので検索で調べてみた。

丸井デパートの地下2階にあることがわかった。
“アンデルセン”40周年の記念に水田秀穂氏のイラスト入りのショッピングバッグを出していることを知った。
この袋を欲しいのはもちろんだが、
こんなセンスの良いイラストを袋に使うパン屋さんのパンをたべてみたかった。

こまどりは嬉しくて、たくさんのパンを買った。
店員さんに袋の感動を述べたら、余分に2枚もくださった。
また、この袋はなくなるまでの限定だそうだ。
そして、この袋をさげて街を闊歩している自分はとってもお洒落になった気分。
青い空がまぶしかった。
c0123031_2010810.jpg
あんぱんの小豆餡は、くどくなくて品の良い甘さだった
[PR]
by komadori2s | 2011-02-11 19:11 | 生活 | Comments(6)

夢のお告げ

2011/02/10(木)

夢のお告げ
このところ、しまい場所を忘れて探し物をすることが多い。
たとえば、銀行の通帳、PCの資料、人の名前、等々…。
老年になると、人生の3分の1は忘れ物探しに時間を費やしているという。
最近までは、他人事のように笑っていたが、実はこまどりも、まさしくこの通りである。

先日は知人からお借りした本のカバーを、真っ青になって探していた。
その本には立派なカバーがついている。
読むたびに、掛けたり、外したりしていては 傷むので、はずして枕元の文机の上においておいた。

さて、読み終えてお返ししようと思ったら、あの立派なカバーが所定の場所にない。
絶対にこの机の上に置いたはずだ。
まさか・・・、泥棒が入って盗んでいったのだろうか。
布団をめくってみたり、洋服や、バッグ、この部屋をくまなく探す。
隣のPC部屋の机、資料棚、鞄、もひっくり返すようにしてさがす。
どこにもない。
あるいは、地下鉄に乗っているときにも読んでいたから、その時に落としてきたのだろうか。
毎日、毎日、見えない糸を手繰るように、自分の行動をおもいだしていた。

人様の大事なものをお借りして、失くすなんて今までの人生になかったことである。
1週間ほど,なんといってお返ししようか、と重い気分ですごしていた。

ある日、寝てから夢のなかで“それはね、本箱のなかに仕舞ってあるよ”という声がどこからか聞こえてきた。
エッ!と飛び起きて隣の部屋の本箱のガラス扉をあけるときちんとしまわれていた。
腰がぬけるほど驚いて嬉しかった。
自分では全く覚えがない。

無意識の行動が、意識の奥深くに仕舞われていて思い詰めているうちに
その無意識が夢のなかにでてきたのだろう。
この時、意識って不思議だなあ~、とおもった。
c0123031_20231017.jpg

[PR]
by komadori2s | 2011-02-10 19:39 | 生活 | Comments(4)

風の色

2011/02/07(月)

スキンを"猫"に変えてみました。 今までの"雪の結晶はタグの入れ方が使いづらかったのです。
この"猫ご隠居さん"は、なんだか、人生を知り尽くしたようでこの顔がすきです。


風の色 c0123031_16435299.jpg
いつも思うのだが風にも色があるような気がする。
冬の木枯らしのふくころには
白い色の風が頬を赤く染めていく
冬の風は白い色
春の風は緑色
夏の風は赤い色
秋の風は黄色

[PR]
by komadori2s | 2011-02-06 18:35 | 風景 | Comments(4)

晩白柚の砂糖菓子

1011/2/6日(日曜日)

晩白柚(ばんぺいゆ)の砂糖菓子         
c0123031_11213298.jpg
1個の晩白柚の白い綿からこんなにたくさんできました。透明感があってゼリーのようです。

c0123031_11235076.jpg
客人にはこのようにしてお出しすると、いいですね。


できました、できました。初めて作ったので緊張しました。
熱湯で3回ほどザッと煮る。一晩水につける、時々水をとりかえる。
これらの作業は苦味をとるらしい。
それから、40分ほどかけて砂糖煮をする。
さめたらバットにあげて砂糖をまぶす。
冷やして食べるとおいしいそうだ。
初めて食べたときの味と同じだった。ゼリーのように。
ほろ苦さのある、甘さがおいしい。
うれしいな、うれしいな!
[PR]
by komadori2s | 2011-02-06 11:23 | | Comments(6)

「源氏の会」

2011/02/04(金) 昼間は春のような日差し

きょうは源氏物語の会
「絵合わせの巻」
次期帝になる冷泉帝の妃を決めるのに絵を出しあって、感動するよな素晴らしい絵で決めるらしい。
すべては、政権争いにつながっている。
源氏は、なかなかの策略家である。
が、絵を描く才能にも秀でていた。
郷原源氏はわかりやすくて面白かった。

帰りは、7日から始まる雪まつり会場の雪像つくりを見ながら歩いた。
まだ、未完成なので自衛隊員や重機などが出ていてにぎにぎしかった。
一般市民参加の雪像作りも楽しそうだった。

c0123031_5164462.jpg
ライオンキング

c0123031_19332580.jpg
斉藤ユウキ君


そのまま、サロンへよってレコードコンサートをきいてきた。
素晴らしい音響効果は感動する。

今日一日はよく歩いた。
[PR]
by komadori2s | 2011-02-05 17:28 | Comments(0)

晩白柚(ばんぺいゆ)

2011/02/02(水)今日から少し気温が緩む。
  この日は朝から刺し子教室へ。 夏ようのポシェットが完成。うれしいな!

晩白柚(ばんぺいゆ)
c0123031_211411.jpg

北海道ではあまり聞きなれない名前だが、これは熊本県の名産で
「柑橘類の王様」ザボンの一品種。
おとなの頭ほどもある巨大な果実。
実はさくさくとしていて食べやすい。
黄色の皮のしたは2センチほどの白いスポンジのような綿がついている。

この白い綿の部分でつくるお菓子がおいしいのである。
以前、知り合いのお宅でごちそうになったことがある。
生まれて初めて食べて不思議な味と美味しさで感動したものだった。
ほろ苦さと、甘さがマッチしていてゼリーのようだった。
そして、こんどはこの皮をいただいてきた。

作り方は検索で調べてこれからつくるのが楽しみである。
とても、手間暇がかかるらしい。
[PR]
by komadori2s | 2011-02-03 21:14 | Comments(4)