ブログトップ

こまどり日記

エジプト旅行記 5

2010/10/26(火)

エジプト旅行記 5

神殿c0123031_665786.jpg
毎日、毎日、偉大な神殿、ピラミッド、壁画、を見て歩いていたら
混乱してわからなくなった。

ま、とにかくこれらの遺跡はまだ全体の30%しか発掘されていない、と
いうから今より進んだ街や文明があったのかもしれない。
壁画には脳外科の医療器具などがえがかれている。

神殿の彫刻は、巧みさと偉大さに驚きで目を見張った。
また、この柱は天をつくほど巨大なものであった。

c0123031_618013.jpg
神殿に入る前にはかならず立派な登門がある。
[PR]
by komadori2s | 2010-10-26 06:24 | | Comments(0)

エジプト旅行記 4

10月25日(月)

ミイラ
c0123031_18322595.jpg

[PR]
by komadori2s | 2010-10-25 18:34 | | Comments(3)

エジプト旅行記 3

2010/10/24(日)


エジプト旅行記 3

砂漠と警察官
c0123031_12101177.jpg
彩色は全て砂色ばかり、が空はいつも真っ青だった

カイロ空港へ着いたら 砂のような、埃っぽいような 渇いた匂いがした。
外国へ着くと、まずは、その国々の匂いを感じる。
例えば、アジアだと香辛料を煮しめたような匂いがする。

バスで エル・ミヤ に向けて砂漠を3時間ほどひた走る。
砂漠を走る時には、パトカーが先導してバスにも警察官が一人乗っている。
それは何もない砂漠で事故があったときには観光客を守るためである。
バスを降りて遺跡を見て歩いている時にも、警察官のかたも一緒歩いてくれる。

c0123031_12143029.jpg
私たちの後ろをついてくる、この見慣れないヤクザのようなお兄さんは何者だろう?と訝しい気持ちでみていたら
なんと、現地のおまわりさんだった。
それでは、早速一緒にパチリ。
スリや、テロなどの万一のときには、私たちを守ってくださるののだった。

[PR]
by komadori2s | 2010-10-24 12:26 | | Comments(2)

刺し子展

2010/10/23(土)

京都で「刺し子展」
c0123031_12145262.jpg
A4サイズのショルダーバッグ

こまどりの習っている刺し子が、京都の「高島屋京都店ギャラりー」で
展示・即売会がおこなわれる。

こまどりは行けないが、作品は何点か出展している。
もし、此方の方に知人、友人がいらっしゃるかたは
ご案内していただければ嬉しく思います。
c0123031_12202871.jpg

[PR]
by komadori2s | 2010-10-23 12:17 | 布遊び | Comments(0)

熊闊歩

2010/10/20(木)

熊闊歩
c0123031_22365699.jpg

旅行から帰宅して新聞をみて驚いた!
ヒグマが 斜里町の街中を悠々と闊歩しているではないか。
街では 警戒態勢にはいり 何事もなかったとのこと。
母娘のおやこ熊らしい。
今年の山には熊の食料は豊作なのになぜ?と記されていた。
母娘の人生(熊生といおうか)は射殺の運命だった。

可愛そうに、熊らしく山で暮らしていれば親子睦まじく過ごせたのに
バカだなあ~、快楽を求め過ぎたのだろうか。
[PR]
by komadori2s | 2010-10-20 22:42 | 動物・鳥 | Comments(2)

エジプト旅行記 2

2010/10/20(木)
エジプト旅行記 2

ガイドの「太郎さん」
c0123031_1950444.jpg
現地のガイドさんは、恰幅のよいタレクさん(TAREK SARHAN)とおっしゃる方で、ご自分から「太郎と呼んでください」、とおっしゃって私たちを笑わせた。
以来、私たちはMr.太郎とよんで慣れ親しんだ。
お年のころは聞いたけれど忘れてしまったが、50歳前後かとおもう。

日本にはまだ一度もきていないが、日本語の勉強をして、歴史が大好きとおっしゃる。
数年前から 早稲田大学の吉村作治さんのプロジェクトチームのお手伝いをしているとのこと。
以前、世界不思議発見の番組にも出演なさったとのこと。
来月にもまた同じ番組の撮影があり、日本のクリスマスごろに放映されるともおっしゃっていた。
日本のことはよくご存知で感心してしまう。

因みに日本の旅行会社のツアーコンダクターのお名前は「太陽」さんとおっしゃる。
美人でスリムで気遣いのうら若き女性である。
私たちは、「太郎さん」と「太陽さん」のユーモアを交えた解説と案内で毎日安心して旅を続けることができた。
[PR]
by komadori2s | 2010-10-20 19:51 | Comments(0)

エジプト旅行記 1

2010/10/20(水)

エジプトより帰還 c0123031_19193940.jpg

エジプト旅行から20日の昼ごろ無事帰宅した。
2週間にわたる砂漠、遺跡、神殿めぐりは毎日気温40度の下を歩いた。
暑くて、暑くて、歩いて歩いて、汗、汗。
百聞は一見にしかずで、
6千年、8千年前の文明、遺跡を目の当たりにして神秘に驚くばかりだった。
不思議なことや、面白いことがたくさんあったので
これから、少しずつ旅行便りなどを記していこうと思う。
今日はとりあえず、帰還便りまで。
[PR]
by komadori2s | 2010-10-20 18:26 | | Comments(0)

エジプトへ出発

2010/10/06(水)
昨日、5日はSSNの文化祭後のホテルでの交流会。
100人もの参加者。
2次会でも歌って、飲んで、踊ってと元気集団のシニア。


エジプトへ出発c0123031_10564637.jpg
明日、7日はエジプト旅行出発。
2週間ほどブログ休刊。

久しぶりの海外旅行なので緊張している。
頭の中は、未知の国エジプトでいっぱいだ。
SSN仲間20人ほどのツアーなので、身内のようなものである。
多分、笑いや、椿事、酒盛り、などで 笑いころげるだろうなあ~。
4日間のクルーズも楽しみである。

鞄は数日前に、宅配業者にだしてあるので関西空港までは、手ぶらである。
今日もソワソワと落ち着かない1日をすごしている。
[PR]
by komadori2s | 2010-10-06 10:12 | | Comments(2)

ノラ猫

2010/10/04(月) 雨

「のら物語」(文化祭3話)
c0123031_17201611.jpg

電気紙芝居「のら物語」は大成功だった。
会員のかたから「この作品は秀逸で涙が滲んできました」と
いう感想をいただいた。
嬉しかった。

ストーリとしては
辣腕を奮っていた、かつてのボス寅吉は政権アラソイにまけ惨敗となる。
そんな寅吉を愛していた女王イザベラ(ペルシャ猫)は
彼との蜜月を思い出しながら 雪の降るなかでりんりんと歌いつづける。
この場面は ミュージカル、キャッツの名曲「メモリー」の音楽がながれる。
自分でも胸がジーンときて 胸が熱くなった。

脚本を作りながら、家猫では見られないノラの表情や姿は
ワタシを親愛の情で楽しませてくれた。
束縛されない自由、媚びない、母猫の深い愛情など。
このDVDはコマドリにとって宝物になる。
愛猫家の友達にDVDを送らせていただこうと思っている。

ミュージカル、キャッツのYOUTUBEはこちらよりみれます。  
[PR]
by komadori2s | 2010-10-04 17:18 | 動物・鳥 | Comments(2)

フラ

2010/10/03(日)

フラダンス(文化祭2話) c0123031_5475778.gif

フラでは3曲踊った。
1つは「フラガール」(映画でお馴染みの)
2つめは「プア リリレファ」(せつない恋の歌))
3つめは「月の夜は」(日のテルコの歌でお馴染み)

すべて、トシコ先生の振り付け。
こんな素敵な衣装をきて踊れるだけでも華やいだ気分になる。
若い頃、こまどりは無骨で木偶の棒だった。
が、人生を重ねてきたお陰ですこしは感情移入もできるようになったかもしれない。
フラは素敵な出逢いであった。
[PR]
by komadori2s | 2010-10-04 10:28 | フラ | Comments(2)