ブログトップ

こまどり日記

<   2009年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

盆踊りの練習

2009/09/25(金)  夏のような暑さ

盆踊りの練習            
                      鳥追い女でござんす
c0123031_203291.jpg
10月1日の文化祭 フィナーレに行う
仮装盆踊り大会の 「北海盆踊り」の練習。
午後からSSNサロンで。

歌はカラオケクラブ仲間のべてらん。
さすがー、民謡も艶のある声で うまいねー。
太鼓も逞しい男性3人で交代。
練習とはいえ、だんだん興がのってきて
♪~エンヤー コラッヤット、ドッコイ ジャンジャン コーラヤット~♪
の合いの手も景気がよくなってきた。
なんだか、日本人の血が騒いできたみたいだ。
本番では これに 面白い仮装がでるから 
笑いが炸裂すること間違いなしだろう。
[PR]
by komadori2s | 2009-09-25 20:03 | 生活 | Comments(2)

馬のり

2009/09/21(月) 敬老の日  朝夕はめっきりと寒くなった
午後から サロンへ「パワーポイント」の学習会へ。
「パワーポイント」とはパワーポイントで作成した資料は、プロジェクターという機械を使い、
映画のスクリーンのような画面に映し出すことが出来る。 ... ワードと同じような作業なのでわかりやすく楽しかった。


ツキノワグマ 
c0123031_7505567.jpg
19日午後2時半ごろ、岐阜県の乗鞍スカイラインのバスターミナルにツキノワグマがでて 観光客十数人が怪我をした、と言うニュースがながれた。
熊が暴れていて、百人近い観光客はパニックにおちいった。
人里に・・・クマが、驚いた!そして、アナウンサーは
「熊は 登山者に馬のりになっていました」とも言った。
お気の毒にどんなに恐ろしかっただろう。

エッ、なんだかおかしい・・・。
馬乗り?クマ乗り?人乗り?
馬乗りとは 人が人の上にまたがって
馬に乗っているような姿をいうのだが・・・。
早速「馬のり」を検索でしらべてみると、コマドリと同じ疑問が出ていて
ベストアンサーに選ばれた回答というのがあって笑ってしまった。
恐怖に晒された人々には失礼とは おもいながらも。
「♪ 足柄山の金太郎、熊にまたがりお馬の稽古♪」っての、わからなかったなあ。
と、いうのがあった。

c0123031_8294836.jpg

[PR]
by komadori2s | 2009-09-21 18:47 | Comments(8)

永山裕子さんの水彩画

2009/09/19 (土) 晴れ

「永山裕子水彩画展」
c0123031_14335590.jpg

大丸藤井セントラル画廊 で開催されている“永山裕子さんの”水彩画展をみてきた。
この方の絵は以前から 楽しみにしていた。
1年ほど前に画材を買いに行ったときに永山さんの静物の水彩画が展示されていた。
こまどりはこの絵の前で釘付けになった。
いままで見たことのない 画風。幻想的、色の滲み、水滴。
DVDも放映されていたのでその場で1時間ほど 食入るようにみてきた。

そして、きょうは個展。
どれも、ため息がでるほどうまい。永山氏 独特の画風の境地をひらいたのかもしれない。
あの、水滴が絵をみずみずしくさせている。
花、静物が主だが 椅子にもたれている人物画が1点だけあった。
若くて美しい女性だった。
[PR]
by komadori2s | 2009-09-20 14:35 | 人物 | Comments(2)

太鼓

2009/09/18(金) 秋晴れ

太鼓
c0123031_7152145.gif
文化祭のHPに載せるのに
盆踊りの太鼓の絵をかいてみた。
仲間のベテランクミちゃんが 動画にして太鼓を叩かせてくれた。
Photshopのソフトを使って。
もう~~、臨場感がでて笑ってしまう。
このお兄さん 顔を真っ赤にして力強くうっている。
これに「北海盆歌」をいれると もっと、おもしろいのだが。
「♪ エンヤーコラヤット、ドッコイジャンジャン コーラヤット~~♪」
ミデイでダウンロードはしてあるのだが。
後で、音響も入れるようにしてみるね。
[PR]
by komadori2s | 2009-09-19 07:16 | 生活 | Comments(6)

写真展を見にいく

2009/09/14(月) 残暑
午前雑用のため サロンへいく。
会のプリント。
車椅子の引渡し。
ゴミ袋の購入。
ツチハシさんとの打ち合わせ。


c0123031_65335100.jpg
写真展を見にいく
帰りは昼ごろになった。
その足でパルコで開催されている写真展をみにいく。
昼の歓楽街ススキノを通り抜けて大通りのパルコまで歩く。
どこかで軽い昼食でも食べようとおもっていた。
真夏のようなつよい陽射しが照りつける。
昼のススキノは乾いて雑然としている。

赤信号で待っていると タバコを吸いながらの男性が前に立っていた。
黒いコートを着ている、ずんぐりして小太り、猪首、首の色がやけに黒い、
脇に鞄のようなものを かかえている。
顔はみえないが 若者ではないが年寄りでもない。
煙をせわしなく口から吐いている。
信号を渡りきったところで タバコを道端のマンホールの上に投げ捨てた。
アッ、とわたしは小さく叫んだ。
街が汚れる。
しばらくその男の後ろを歩いていたら 蕎麦やの暖簾をくぐって入っていった。
わたしは、この蕎麦やには入りたくないと思った。

「森山大道写真展」。
北海道の 街のざわめき・人のにおい・がテーマ。
モノクロ、記録写真。
ムカシ、ムカシ、ワタシが 子供だったころの街並み、人の匂い。
そして、現代の街並みと 闊歩する化粧をした女性たち。
あのタバコをくわえた男も 人の匂いのする 風景のひとこまだった。

ひさしぶりにシュークリームを買って帰った。
c0123031_22502870.gif

[PR]
by komadori2s | 2009-09-14 20:55 | 生活 | Comments(3)

白熊の命名

2009/09/12(土) 残暑

白熊の命名
c0123031_549198.jpg
こまどりは この命名に不満である。
札幌円山動物園の 双子の白熊くんの名前を一般公募をした。
先日、その名前が テレビや新聞で発表されたが 何度きいても おぼえられない。
今、検索で調べて「イコロ」と「キロル」というのを おもいだした。
アイヌ語でイコロは 「宝物」、キロルは「道」と言う意味だそうだ。
聞きなれない言葉である。
そのうえ、イコルもキロルも似ていて どちらがどちらだかさっぱりわからない。

人の名前にしても とにかく覚えやすいのが一番大事である。
この双子のお兄ちゃんの ツヨシなどは 聞きなれた名前なので 一度聞いたら忘れない。
中国パンダの トントン(童童)、ランラン(蘭蘭)の漢字からくるイメージも絶対にわすれない。
こまどりは多分覚えられないから、この白熊くんを「宝物」と「道」とよぶだろう。
[PR]
by komadori2s | 2009-09-12 19:22 | 動物・鳥 | Comments(7)

もうすぐ文化祭

2009/09/11(金) 晴れ 
空が高く秋の空。
からすがナナカマドの赤い実をくわえて遊んでいた。


もうすぐ文化祭
c0123031_19403258.jpg
もうすぐ、SSN恒例の文化祭が開催される。9月30日、1日。アウクル体育館で。会は、その準備で賑わっている。
みなさんの 力が結集すると シニアとは思えない すばらしいパワーになる。
元プロがたくさんいらっしゃる。
カメラマンのプロ、歌手のプロなどなど。
電気関係もプロ級の資格をもっているかたが たくさんいらっしゃる。
だから 舞台照明、プロジェクター、音響機器などの装置は すばらしい。

フィナーレには 景気づけにみんなで盆踊りをする。
コマドリは ステージ担当で 仮装盆踊り盛り上げ隊である。
10数人のかたが、アッと驚く仮装をしてくれる。
想像しただけで 笑いがこみあげてくる。
紅白の幕を張り、櫓もつくって そのまわりで 踊ってもらう予定である。
もちろん、太鼓も、歌もナマである。
そんなイメージをイラストにしてみた。
[PR]
by komadori2s | 2009-09-11 19:26 | 生活 | Comments(2)

若いつもり

2009/09/09(水) 快晴

若いつもりc0123031_9562087.jpg
町内会の女性が書類を届けにきた。
こまどりは その女性とは初対面である。
髭じいさんは留守だったので 用件をきいておいた。
夕方、髭爺さんは帰宅してから
「その女性はだいぶ年寄りだっただろう」
「いやいや、そんなことないよ、ワタシと同じぐらいだったもん」
「そしたら、やっぱり年寄りではないか」
「あ~~ぁ、そうか~~」
「自分は 年寄りだとはおもっていないんだも~~」
だから、人間やっていけるんだよなあ~~。
[PR]
by komadori2s | 2009-09-09 09:57 | 生活 | Comments(8)

誕生日

c0123031_5485644.jpg 2009/09/08(火) 晴れ

誕生日

この日は台風がきて、お頭つきの秋刀魚を食べる日かとおもっていたら
なにごともなく、いつもにも増して 質素な食事であった。
実はこまどりの60ウン才の誕生日であった。
フラ仲間のウエキちゃんがこんな素敵な花束を贈ってくださった。
自分で自分への贈り物は 本を買ってきた。
話題作で 
村上春樹 「1Q84」上、下巻。
分厚いので いつ読破できるかどうかわからない。

健康と元気さえあれば 人生たのしくすごせる。
なにもいらない。
[PR]
by komadori2s | 2009-09-09 05:50 | 生活 | Comments(8)

「ランチビュッフェ」

2009/09/06() 快晴 残暑 
5人の仲間とフラボラへ(宮の沢の追分会館敬老会)

「ランチビュッフェ」
c0123031_11201810.jpg
フラボラが終わってからは皆で昼食を食べにでかけることにした。
そこは 札幌新川通りにある コーチャンフォーという大型店舗。
書籍が主であるが
館内はアロマテラピーの癒しの香りでとってもいい気分。
その中にフランスの雰囲気を思わせる 白亜のお洒落なレストランがある。
日曜日は「ランチビュッフェ」をやっていた。
お値段も手頃である。
ランチビュッフェとは お好みの料理を皿にとってきて食べる、
バイキング料理とにている。

オムレツは目の前でお好みのトッピングを入れてつくってくれる。
「えーと、ではチーズにトマトにソースはケチャップでお願いいたします」
「はい、できましたらテーブルまでお持ちいたします」
「ここは、有機野菜を使用しているからおいしいのよー」
「オ~~、それで新鮮な野菜料理がたくさんあるのね~」
「味噌プリンなんてめずらしいわねー」
「お~~、パンも、パエリアもおいしそう!」
コマドリは野菜料理を二皿に山盛りもってきちゃった。
蛸のカルパッチョに 野菜ジュースにコーヒーにぶどう、パイン・・・と。
こういう食事は、つい欲張って食べ過ぎてしまう。
「ところで、ランチビュッフェと、バイキングって、どうちがうのかしら?」
「ランチビュッフェのほうが すこし品が上というか・・・」
「食材なども いいのかもね・・・」
「バイキングは、まあ、海賊だからね・・・」
と、話題は弾み、笑った。

帰宅してから検索でしらべてみたら
「バイキングは和製英語のひとつで、日本でしか通用しません。
一般的に食べ放題で何度も取りに行く事ができますよね。
ビュッフェは世界で通用します。語源はフランス語の「Buffet」」
と、言うことで同じ意味であることがわかった。
また、この「コーチャンフォー」という店名も調べてみたら
「4頭立ての馬車」と言う意味だそうだ。
何語かはわからない。
[PR]
by komadori2s | 2009-09-07 11:21 | 生活 | Comments(7)