ブログトップ

こまどり日記

人生の出会い

2009/08/31(月) 晴れ、秋の空気
きょうは展示会を終えてホッ、として昼寝をしたり、ごろ寝でテレビをみたりとボーッとして過ごした。PCもゆったりした気分で、絵を描いたり、 メールチェックをしたりして。

人生の出会い
刺し子展示会は盛大に終えることができた。
どの作品も 刺し子のイメージを超えて、布のアートである。
タペストリーの大作、重厚な袋物など数百点は展示されている。
二つとしておなじ作品はない。
泉のごとく 湧いてくる先生の魔法の針の発想には神がかりてきなものを 感じる。
どの作品も 五嶋亜希子先生の 分身であり、コドモである。
撮影禁止なので 写真でお見せすることはできない。
多くのお客さんも感動で ため息をついていく。

こまどりは、なんといっても亜希子先生との出会いに感謝している。
刺し子をならいはじめて 15~6年になるであろうか、
素敵な方との出会いは 神様からの導きのようで ありがとう!と、言う。
人生って、人の出会いが楽しい。
c0123031_1914981.jpg
広い会場でのパネルは 放射線状になっている。
これは、亜希子先生の大好きな パリの放射線状の街並みを模したものである。
放射線状の中心には 大きな壷に 野の花、ヤマゴボウの木が活けられている。

ブログ仲間の25歳さんが この展示会の感動を載せてくださっている。ここをクリックすると訪問できます。
[PR]
by komadori2s | 2009-08-31 19:21 | 生活 | Comments(4)

こまどりの勝負服

2009/08/30(日)
27日から30日まで 刺し子展示会で 朝早くでかけて
夜遅くに帰宅していたのでブログを描く暇がなかった。


こまどりの勝負服
c0123031_2331147.jpg

c0123031_23105470.jpg


刺し子展示会初日を終えた、その日の夜 ホテルでオープニングパーテーィがおこなわれた。全国5箇所の各教室からあつまっていただいたので90人の参加者であった。
はからずも、こまどりは このパーテイの司会進行をおおせつかっていた。
雑談は大好きだが 90人もの前での司会進行など青天の霹靂であった。
が、年の功で白羽の矢がたったのであろう、と覚悟をきめた。

前夜には原稿を作って何度も イメージトレーニングなどをした。
心がけたことは、なるべく慣用句をつかわず、自分の感じたことをいう。
簡潔明瞭に。
ゆっくり喋る。
「えーと」とか「あのー」などの接続詞をつかわない。
これらは、テレビの対談とか、司会者などをみていてかんじていたことである。

この日に着ていた服は 和布を継ぎはぎした アロハふうの赤いシャツである。
意識したわけではないが 気がついてみると
緊張すときには いつもこのシャツをきている。
妹のコンサートマネージャーのときにもこのシャツを着ていた。
そのほかにも、ここ一番というときには いつもこのシャツを着ていた。
4~5年前に ホテルでおこなわれていた 
九州の「古布作家のブラウス作品展」を見に行ったときのことである。
ひと目ぼれの衝動買いで購入したものであった。

司会進行も自信はないが、どうにか とちる こともなく無難におえることができた。遠方からいらした 福岡、東京、仙台の方々が 自然体でよかったですよ、
と、言ってくださった。
無時終えることができ、胸をなでおろしてホッ!、としている。
あのシャツは勝負服だったのかもしれない。
[PR]
by komadori2s | 2009-08-30 23:14 | 生活 | Comments(9)

ゴミ箱

2009/08/26(水) 残暑
c0123031_1942040.jpg


SSNサロンでは ゴミはお持ち帰りになっているのでゴミ箱はおいてない。
以前は、ペットボトル、弁当の空きバコ、などの 忘れ物のゴミが多かった。
この頃は みなさん守ってくださるので とてもきれいだ。さすが、紳士淑女。

作業柄、どうしても 印刷物や雑紙のゴミがでる。
小室の奥には 業務用のゴミ箱をおいてある。
そのゴミバコとはダンボール箱に貼り紙をして まにあわせ的のものだった。
どうも、ビンボウくさくて、美観もそこねる。
今日は、ペダルを踏むと パカッとふたの開く業務用のものを
2個買って サロンへ置いてきた。
2個揃って小室の隅に収まると とてもお行儀がよい。
工房のみなさんも喜んでくださった。

ついでに、大室の椅子の背中のビスがゆるんでいたので ドライバーで締めてきた。これぐらいの作業は 女のこまどりでもできる。
「サロンが きれいになったね」と、会員のみなさんが言ってくださるので嬉しい。
[PR]
by komadori2s | 2009-08-26 18:58 | 生活 | Comments(4)

2009/08/23(日) 雨のち晴れ
c0123031_19433631.gif
ベルリン世界陸上 (2話)女子マラソン

新星 28歳 尾崎好美選手 やったね~!
銀メダル、ばんざーい!おめでとう!
日本女子選手はベテラン4人が参加している。
そのなかで初出場の尾崎選手が メダルをとってしまった。
小柄な彼女は つねに、先頭集団にいた。
ゴール2キロ前あたりでは 中国の選手と 2人で先頭を争った。
こまどりは 手に汗をにぎり応援をした。
がんばったね、偉い、偉い!!

が、テレビカメラの写し方に一言文句を言いたい。
これはドイツの放映関係が世界に送っているのだろうか。
例えば 走っている尾崎選手をアップにして1人だけを長々と映している。
テレビを見ている側としては 前後の選手の姿が映らないから
尾崎選手が 前の選手に近づいているのか、遅れているのかがわからない。
こういう、映し方が何度もあった。

また、3位までの選手が ゴールをしたら
そのあとは 選手が国旗をなびかせて歩く ウイニング、ラン ばかりを映して
その後にゴールしてくる選手を みたくても 映らない。
それに比べて 日本の放映技術はなんとうまいんだろう、
と いうことに気がついた。
改めて、日本の繊細さ、親切さ、は 見る者を満足させてくれる。
[PR]
by komadori2s | 2009-08-24 19:45 | 人物 | Comments(0)

2009/08/22(土) 残暑
美容院へ。
帰りにインフルエンザ予防のため アルコール消毒液を購入してSSNサロンへおいてくる。
つよい陽射しで汗だく。
c0123031_16252100.gif

ベルリン世界陸上
15日~23日まで 10日間にわたってドイツで 世界陸上始まる。この日夕方6時ごろから こまどりの大好きな男子マラソンがはじまった。
日本期待の星 佐藤敦之選手6位入賞やったネー!!
アフリカ勢の高速化はすごい。
そのなかで6位にはいるといことは 並大抵ではない。
30キロ地点で14位だったが、35キロで9位まで浮上し
最後の2キロで2人を抜いた。2時間12分5秒で6位入賞。

ゴール直前の最後に2人を抜き去るときの表情がいい。
長丁場のポーカーフェイスから一変して サングラスを放り投げ
「よしっ!」という力強い笑みにも似た表情に変わる。
こまどりは 鳥肌がたつほど感動して拍手をおくる。

佐藤敦之選手は現在31歳。
が、こまどりは敦之くんが 早稲田から箱根駅伝にでているころから応援をしていた。会津福島出身で とても利発で実直そうな好青年。
2年ほどまえに 同じアスリートの女性と結婚した。
心のささえができて 走りきることができたともいっていた。
なんだか、息子のような親近感があって涙がでるほど嬉しかった。
さあ、今晩は女子マラソンがある。
追記
ひとつわからないことがある。
日本なら 選手の前後にオートバイがいる。
が、ドイツでは2~3台の自転車に乗っている人が 選手の廻りを うろうろしている。そして、笑いながら気楽そうにお喋りをしている。
あの自転車はなんだろう?
暴漢よけ、監視だろうか?

[PR]
by komadori2s | 2009-08-23 16:26 | 人物 | Comments(2)

夏のおわり

2009/08/21(金)雨

c0123031_726527.gif 昨日から 一雨ごとに涼しくなっていく。やはり、盆がすぎると北海道の夏は終わった。
今週は特訓フラを トシコ先生の好意で4回もしてくださった。
なんだか 覚えの悪いこまどりも 少しは踊れるようになったかなあ~~。
手稲のレッスン場までは 車で1時間弱かかる。
小樽方面への国道5号線を 車でひた走る。
車の激しい通りである。

4階にあるレッスン場のまどからは
手稲山連邦に沈む 夕日がパノラマのようにみられる。
雄大な美しさに しばし踊りを休んでながめてしまうときがある。
こうやって、運転もできて、 フラもできて、いい仲間に出会えて
そんな日々の健康に感謝して きょうもレッスンにでかける。
c0123031_7302063.gif
[PR]
by komadori2s | 2009-08-21 07:28 | 生活 | Comments(12)

ケイタイ 電話

2009/08/15(土)晴れ 蒸し暑い
15日終戦記念日 ,フラ特訓日, 

c0123031_5541820.jpgやっと、ケイタイ電話が開通した。10日ほど前に 北村温泉の戸外にある 足湯に浸かっているときのことだった。
ジーンズのポケットのなかから するりとぬけて湯のなかに ケイタイ を落としてしまった。
翌日ドコモショップへ行って 一番安い機種を購入する手続きをした。

が、実は娘が契約者で 母親であるこまどりはケイタイ上では その子供になっている。
購入するには 娘の委任状がいるとのこと。
そのことを娘に伝えると、ケイタイも買って 送ってあげるから待っていなさい とのこと。
それから、まてど暮らせど 送られてこない。
やっと、今日届いた。らくらくフォンで 水に落としても大丈夫という、最新しきの機種だった。

因みにデーターはすべて消失していた。
水に落としたときには すぐに電池をはずしておけば データは保存できるらしい。まあ、ケイタイ電話がなくてもなにも不自由はなかった。なんだか、気楽であった。
[PR]
by komadori2s | 2009-08-18 05:37 | 生活 | Comments(8)

「火垂の墓」

2009/08/14(金) 晴れ
            昨日13日は 恵みの雨
  
刺し子教室へ

「火垂の墓」
c0123031_635865.jpg

明日15日は終戦記念日。
テレビではどの局も 終戦にかかわる番組をしている。
 語り部の生き証人たちは言う。
絶対に戦争をしてはいけない。

夜、野坂昭如原作 アニメ「火垂の墓」をみて涙する。
アニメではあるが 表情や、しぐさがとっても可愛くて ほくそえんでしまう。
当時は浮浪児といわれた 戦争でみなしごになった、兄妹愛。
4歳の妹は栄養失調で亡くなってしまう。
兄は号泣しながら 荼毘にふす。
蛍が群舞していた。               妹セツコがいつも抱いていた人形  c0123031_663837.gif
こまどりも胸がつまり涙する。
髭爺さんは
「おれも以前、このアニメをみて泣けてしまったよ、つらくてみれないよ」
[PR]
by komadori2s | 2009-08-17 05:54 | 生活 | Comments(10)

蕎麦畑

2009/08/12(水) 快晴
c0123031_1558150.jpg

いつも墓参りに行く途中の牧歌的な風景がすきだ。
深川から幌加内方面へ車で走る山間の景色は 黄緑の蕎麦畑一面である。
この地域は全国1位の蕎麦生産地でもある。
青い空、深い緑の木々、静寂、山間の一軒家。
空に続く 小高い丘一面は 水彩絵具の黄緑を流したように 優しく涼しげである。
セミの声、乾いた空気、
道端に咲くイタドリの乳白色の花房や
ひまわりを小さくしたような黄色の 大はんごう草。
日向の匂いと夏の色は 子供のころの郷愁を想いださせてくれる。
墓前に線香と花をそえて 楽しくすごしているからね、と伝えてきた。
[PR]
by komadori2s | 2009-08-16 05:48 | 生活 | Comments(4)

2009/08/12(水)
   天気
      8/10(月) 30度
      8/11(火)29度
      8/12(水)29度
      連日の真夏日。
その日の天気を記しておくと 昨年のブログと照らし合わせてみるとおもしろい。
やはり、昨年も8月に入ってから 猛暑が続いている。


韃靼蕎麦(8/11日)
c0123031_21253467.jpg

c0123031_20432159.jpg
しばらくぶりに 我がSSNで人気のある“めんこい庵”の蕎麦打ちにいってきた。
きょうは 中国産の「韃靼蕎麦粉」である。
韃靼蕎麦は中国の高地で栽培され ルチンが ふつうの蕎麦の100倍もふくまれているそうだ。
真黄色で少し苦味のあるのが特徴。
マシーンにかけると、いつもよりきれやすい。
これは、なかなか むづかしいぞ。
茹で汁も真黄色でオレンジジュースのようだ。
試食が待ち遠しく、蕎麦たれに,刻み葱、辛味大根をいれ、皆はしをもって待っている。
さあ、茹で上がってきた。
「うわ~、ほんとに黄色だ~」
「うん、ぼそぼそ感があるけど、コシがあるね」
「このほろ苦さがいいねえー」
「さあ、きょうはルチンを100倍もとったからお肌つやつやね」
「血液さらさらで 若々しくなるしね」
楽しい会話が弾んだひとときであった。

追記
下記のコメントでとってもおもしろいのをいただいた。
この韃靼蕎麦はつなぎがむずかしくて 茹でたときにも短くきれてしまう。
“ほろ苦くて短く切れてしまうのは 初恋の味”はぼくの初恋と同じ、と。
可笑しくてなるほどと、感心している。こまどりも同じ。

[PR]
by komadori2s | 2009-08-12 20:37 | 生活 | Comments(8)