ブログトップ

こまどり日記

ネズミの引越し

c0123031_559988.gif
2008/08/28(木)
大雨の予報がはずれて 晴れの天気


ばんざ~い!!

5年間 申し込みつずけてきた道営住宅にやっと当選した。
場所は 真駒内で地下鉄駅にも近い。
公園の街だから 静かで樹木にかこまれている。
嬉しいなあ!!

しかし、引越しで一番心配なのが 夫婦喧嘩である。
以前にも、価値観の違いから 物を捨てる、捨てないで 争った。

こまどりが古物商に売ったものが 元で大喧嘩になり
売った値段の2倍の値段で買いもどしてきた、という 悔しい笑い話がある。
心身ともに フラフラになり疲れ果てたものだ。

こまどりは 余分なものは処分して 身のまわりをすっきりとさせたい派。
髭爺さんは物を捨てることが出来ず なんでも抱え込んでしまう派。
ま、なるべく穏やかにやっていきたいものだと 思っているが・・・。

サイワイに今住んでいるマンションは 妹家族から借りていたので
大きな物だけは引越しやさんに頼み 後は ネズミの引越しのように
ちびちびと 運べばよい。

以前のような体力もないので のろのろ
と ダンボールに詰めている。
[PR]
by komadori2s | 2008-08-29 06:02 | 生活 | Comments(19)

「豚に真珠」

c0123031_2126616.jpg 2008/08/26(火)

やっと、肩の痛みもとれた。
が、筋肉がゆるむ薬のせいか
右手に力が入らない、ビンの蓋をあけようとしても 腕が笑っているみたいに スーッと力がぬけていく。


 ブティックの顔なじみのマダムが言った。
「うわ~、その指環すてきですね~、シンプルなデザインで モダンでおしゃれー、
真珠とヒスイの組み合わせが いいわ~、
ヒスイのグリーンの色が落ち着いて とってもいいです~」
と、私の指に顔を近づけて眺めながら べたほめである。

「そうですか~、これは私が 娘時代に母から貰ったものでしてね、
その昔母がデザインして宝石店で作ってもらったものなんですよ。」 

マダムは いろいろなコンクールでも賞をとっている プロのデザイナーである。
そんな方に褒めていただいたのだから 嬉しくなってしまう。

実はこの指環を貰ったときには わたしはまだ若かった。
なんだか地味で、あまり 好きではなかったので いつも食卓のあたりに 無造作に転がしていた。

母は憮然として
「これが本当に 豚に真珠というものだ・・・とはよくい言ったものだ アッハッハッ」
といって、取り上げてしまった。
わたしも 「ほんとに そのとおりだね、ワッハッハッハ」と笑った。
私は、今も太ってはいるが 若い頃はもっとピチピチに太っていたのである。
 
その後 私も結婚して数年がすぎていた。
母もこの指環には 見飽きてきたのか 机の上に 忘れたように転がしてあった。
「一度は私の ものだったのだから もらっておこうっと」
わたしは 黙ってもらってきた。

やっと、この年齢になって「豚に真珠」ではなくなったような気がする。

[PR]
by komadori2s | 2008-08-26 21:40 | 生活 | Comments(14)

c0123031_6551445.gif2008/08/22 (金)

 肩こりで 3日ほど指圧に通ったが なかなかよくならない。
右腕が重い、肩甲骨がズキズキ痛む。

とうとう、病院へかけこんだら1日3回飲む 薬をだしてくれた。
それは、筋肉をほぐすのだが 痛いところだけではなく 体全体に効くそうだ。
そして、体がだるくなったり、眠くなるとのこと。

これ以上、眠くて、デレーッとだらしなくなったら どうしよう、と不安に思う。

今日はフラの練習で 手稲まで運転をする。
片道40分ほどである。

早く直りたい一心で 決められた回数を飲んでいる。
眠くもならず フラの練習も楽しく終えて 無事帰宅した。

その晩は眠くならず 軽快に キラキラした心で オリンピックの陸上競技を 
感動しながら しっかりと12時過ぎまでみていた。
普段は早々と8時ごろには居眠りをしてしまうのに不思議なことである。

多分、フラの練習で 楽しく体を動かしてきたので 眠くもならず、ぐったりすることもなく、
やる気をだす、という脳内物質の「ドーパミン」がでていたのではないだろうか・・・、と思っている。
肩こりはまだ痛いので マウスを使う 絵のほうはお休みにする。

[PR]
by komadori2s | 2008-08-23 06:58 | Comments(4)

肩こり

c0123031_2012813.gif
2008/08/20(水)


この3~4日前から肩こりがひどい。
特に、右の肩甲骨がコリコリで 腕まで重くなってきた。

心当たりがある。
このところ、パソコンのマウスの滑りが悪くて つっかかるのだ。
特に絵を描くときにはマウスを 細かく動かすので腕に 力が入る。
マウスのせいだと 思っている。

朝起きたら首まで廻らなくなった。
これは大変とおもい、指圧やさんへかけつけた。
実は、半年ほどまえに 高額な電動マーッサジ機を買ったばかりなのだが
重症には 役立たずである。

指圧師さんがいうには 肩のところに しこりの玉が出来ているとのこと。
パソコンも少しのあいだ 触らぬようにと いわれた。
が、こまどりは、パソコン中毒にかかっているので こうやって 日記を打ちたくなった。 
今日で通いだして2日目である。
やはり、人間の手の平、指先からでるパワーは 最高である。
しこりが ずいぶんと 解れてきた。

[PR]
by komadori2s | 2008-08-20 20:07 | 生活 | Comments(10)

語り琵琶

c0123031_2244294.jpg 2008/08/18(月)

語り琵琶
 
 昨日、8月17日は
小樽の 能楽堂 野外ライトアップコンサートで
「語り琵琶」の演奏を 聴きに いってきた。

演題は 小泉八雲原作「耳なし芳一」。
奏者は 伊藤哲哉氏

プロフィールをみると
北海道 浦河町出身、俳優、琵琶法師、1953年生まれ、とある。

映画出演では、黒澤明、伊丹十三、倉本聡、ほか 数多い。
舞台出演でも蜷川幸雄作品他かず多く出演なさっている。

能舞台は ほんのりと 明かりが灯されている。
観客席は明かりが消されて 暗闇である。
静寂。

お鈴(りん)の音(ね)が チリ~ン、間をおいて又チリ~ンと 四方から きこえてくる。 
草のざわめき。
虫の声。
静寂。
舞台袖から奏者が音もなくそろり~、そろり~、と歩み出てくる。

琵琶の低い音色が闇に響く。
奏者の 低音だが力強く響く 美しい声で語りが始まった。

俳優でもある氏の 一人芝居の怪談は 恐ろしくもあり、美しくもあり、
1時間半にわたる 語りはすばらしかった。
和尚が 大きな声で 「ホーイチー」と叫ぶ場面など
ゾクッと 身震いするほど怖かった。

背景の夜空には 満月が光っていた。

[PR]
by komadori2s | 2008-08-18 22:49 | 人物 | Comments(6)

フラ

c0123031_6112810.jpg 2008/08/17(日)

 昨日16日は
札幌芸術の森の野外ステージで フラをみてきた。
前半は道内で 活動しているフラグループの踊り。
後半は 本場ハワイからのプロの踊り。

どのグループも衣装が華やかで、笑顔がいいし、美しかった。

プロの踊りでは
男性の 躍動的な踊りも入り、熱気でむんむん。
タヒチダンスの 腰の揺らしの美しいこと!
女性は椰子の実カップの ブラジャーが似合う美しく締まったプロポーション。

美しいものを見せていただいた後は
自分も美しくなれる、そんな感じがする。


詳細は仲間の鶴さんのブログで紹介されておりますので、どうぞ ここを クリックして こちらもご覧ください。

[PR]
by komadori2s | 2008-08-17 06:19 | フラ | Comments(20)

c0123031_7183549.jpg2008/08/16(土)


バドミントンは15日、女子ダブルス3位決定戦が行われ
末綱聡子、前田美順組は 中国に0-2で敗れ
日本勢として五輪史上初のメダル獲得はならなかった。

こまどりは 手に汗にぎり,みていた。
目にもとまらぬ 速球を返す ラリーには 驚きと、敬意を表する。

というのは、かつて こまどりも バドミントン をしていたことがある。
あの頃の感覚がよみがえってきて 一球、一球、に心臓が脈うっていた。

町にバドミントンのうまい イケメン青年がいて
その指導のもとで 同好会仲間をつくっていた。
子育てしながら、30歳ごろから10数年間ほどであったが、楽しかった。

これほど瞬発力をようするスポーツはないのではないかと 思うほど激しかった。
速い球などは 瞬きするまに見失ってしまう。

近隣の町村の大会などにも参加したりして
あの頃は バドミントンが生きがいだった、若かったなあ~。

[PR]
by komadori2s | 2008-08-16 07:20 | 人物 | Comments(7)

北京オリンピック 水泳

c0123031_8172073.jpg 2008/08/15(金)

目力

北島康介選手,ヤッタネー、 2連覇で二つも金メダル おめでとう。
感動で 胸があつくなり、目頭がウルウルしてきた。

25歳の若者が ここまでの偉業をなしとげるには
並々ならぬ努力と 精神力だろう。

それにしても 北島選手の 目の力はすごい。
きりっと一点を見すえる 目は キラキラとしていて
ライオンが獲物を射止めるときのような 輝きだ。
これが勝負師というか、アスリートの根性なのだろう。

体操選手に尻尾を連想させるなら
北島選手には 魚の尾びれ、背びれが生えているのかもしれない。

中国では北島選手のところを 蛙王子と
よんでいるそうだから面白い。

[PR]
by komadori2s | 2008-08-15 08:19 | Comments(8)

樹木葬

c0123031_8323086.jpg2008/08/14(木) 
13日には 田舎の方へ墓参りに行ってきた。人口は減り、町も寂れて淋しくなっているが
墓地だけは 立派な墓が増え、その数も年々増えている。

私たちは年齢とともに 遠方まで墓参りにいくのが大変になってきた。
無縁仏にするのも いやだし どうしたものかと考えている。

今朝の NHKラジオ 深夜便をきいていたら 
初めて聞く 「樹木葬」 について お坊さんが次のように語っていた。
                                     
「樹木葬とは遺骨を直接土の中に埋め、そこに花木を植え墓標にする葬送方法です。

遺骨は次第に土に還りその土を縁として墓石に代わりに植えた樹木が毎年花を咲かせな

がら成長していきます。自分らしく生きたいという価値観が広まるにつれ、

自然に帰りたいという故人の意志を尊重する風潮もまた強くなってきているようです。」

故人は 千の風になって 大きな空を 吹きわたっているのだから・・、これがいい!と、こまどりは 思った。
花木だと呼吸もしているし、自然にも優しい。


詳しくはこちらでみれます。
http://www.jumokuso.or.jp/
c0123031_8225291.jpg
樹木葬には 花みずき の花木がいいかなあ~
[PR]
by komadori2s | 2008-08-14 06:55 | 生活 | Comments(8)


c0123031_2147712.jpg2008/08/11(月)

 谷選手、内芝選手、中村選手 が金、銅メダルをとって
素晴らしい! ばんざーい!

・・・が、こまどりは柔道のルールがさっぱりわからない。
もともと柔道のことはあまり 知らないのだが。

技としては 有効とか、効果、技ありなどの言葉をきくが
テレビを見ていても  何がなんだかわからない。

ヤギ髭おじさんに 何度もきいてみるのだがその説明もよくわからない。

なんだか プロレスのように上から馬乗りになったり、手先だけで 突きあっていたり と
あまり、切れ味のよい技が みられない。

と、思っていたらラジオでも識者が言っていた。
「柔道のルールはさっぱりわからない」
「なんだか逃げ回っているうちに 勝ってしまったりさ」
「今の柔道はどうなっているんだ!」
と怒っていた。

テレビでも 解説の 舞の海 さんが
「審判の判定が曖昧で よくわからないんですよねー」
と、言っていた。

こまどりが分からないのは 当然なんだね。

[PR]
by komadori2s | 2008-08-11 21:44 | Comments(10)