ブログトップ

こまどり日記

三春町の滝桜

2008/04/24(木)
朝は花曇り、さくら風、札幌の桜も開花

4月22日、福島県の ”三春町の滝桜”は満開だった。
c0123031_6153426.jpg
たくさんの人たちが行列をしてみとれている
c0123031_6222589.jpg
komadoriを配置しての証拠写真
c0123031_642041.jpg
手前の黄色は菜の花畑

過去にも何回か会いにいったが、これほど妖艶な姿に会うのは初めてだ。

もう、この世のものとは思えないほどの美しさで
舞い降りた 天女が衣をなびかせて 横たわっているようだ。

この天女さまは、千年もの昔から
ここの景色や人々を眺めてきているのだから凄い!
尊敬してしまう。

日本人が桜に魅せられるのは、
これほど見事な天女の美をしっているからだろうか。

果たして、外国にはこれほどのしだれ桜はあるのだろうか、ないのだろうか。

[PR]
by komadori2s | 2008-04-24 06:30 | Comments(10)

三春町へ行ってきます

4月21日(月)

昨日は、小樽へ。
小樽シニアネット5周年記念の祝賀会へ。
3次会まで歌って、踊ってと朝から夜まで遊んでいた。

そして、今日は三春町(福島県)の滝桜をみに 旅にでかけていく。
フェリーで。

もう、散っておわりかなあ~と思っていたら
昨日のヤフーのトップページに 昨日が満開という見事な写真がのっていた。
ああ~~、よかった、桜に会える!!

3~4日ほどブログやすむ。
では行ってきまーす。

[PR]
by komadori2s | 2008-04-21 05:26 | その他 | Comments(0)

「巣づくりの季節」

c0123031_11551698.jpg2008/04/19(土曜)
朝霧、快晴


今朝の散歩で、

鳥たちは恋の季節でもあり、巣づくりの季節でもある。

ハシブトガラのラブコールだ。
子ねこのように、ニャー、ニャーと甘えた甲高い声が 山じゅうにひびきわたる。

2羽のアカゲラが恋の追っかっけっこをしている。
アカゲラの木を突く時の「トントントン・・・」というドラミングの
ラブコールもきこえてくる。

そして、からすも、ひよどりも雀も、浮き浮きととびまわり
美しく艶のある声で 歌っている。

今朝のなによりの嬉しいお客様は「エナガ鳥」に会えたことである。
エナガは雀よりひとまわり小さくて、雪玉のように丸くて,尾が長い。
もう、可愛くて頭を なでなでしてあげたくなる。
素早い動きでなかなかゆっくりみることができない。

頭上の枝をみあげると2羽のエナガがいる。
1羽は嘴にたくさんの羽毛をくわえている。
こんなにたくさんの羽毛をどこから見つけてきたのだろう。
キョロキョロと用心しながらあたりを伺っている。

自分たちの巣を感づかれないようにジグザグを描きながら
離れたところのおおきな おんこの茂みのなかに入っていった。
カラスにみつからないよう 上手に子育てをしてほしいと思った。

昨日は友達からの情報で、お母さんの投稿が
毎日新聞のコラム「女の気持ち」にのっていたよー、と知らせてくれた。
インターネットの検索で調べてみたら、読むことができた。
目からうろこ」というタイトルで水泳のことである。
いつも、きいている話ばかりなので母の書くものはあまり読まないが今回は読んでみた。

88歳になるが元気に過ごしてくれているのが何より嬉しい。
もし、よろしかったら 下記よりのぞいていただければ嬉しい.

https://my-mai.mainichi.co.jp/mymai/modules/weblog_feeling104/details.php?blog_id=3477
(以前と同じようにしているのに、どうしてだろう?リンクできない)
[PR]
by komadori2s | 2008-04-19 12:01 | Comments(7)

「やれやれ」

c0123031_2294967.jpg
2008/04/17(木)
晴れ


 リカバリー後、やっと、メール送受信が開通した。
わかってみれば まあ、私の認識不足ということだろう。

原因は今年の1月に回線を ”ぷらら”から ”ネクシーズ”に切り替えていたことだ。
アドレスだけは ”ぷらら”をつかっていた。
それが、ベテランのYOKOYAMAさんを迷わせることになり申し訳なくおもっている。

今日、”ネクシーズ”の方にお聞きしたら「ポート番号」の数字を
入れ替えただけで 一瞬にして 送受信が回復した。

ここまでの いきさつは、複雑で 細かな事を 文章で伝えることができない。
簡単にいうと、すべてが 後手後手になったり、
ネクシーズや、ぷららの対応してくださった方が不慣れだったりしたこと。
あちらへ聞け、こちらへ聞けといわれて 私は右往左往するばかりであった。

それでも、まあ、メールをあきらめてしまえば気楽な時間を過ごしたような気がする。
朝のパソコンを楽しんでいたために、この1年ほどは、すっかり朝の散歩をさぼっていた。

メールの送受信ができなくなってからだから、
2週間ほど前から いつもの藻岩山の仏舎利塔までの散歩をはじめた。
山も季節はすっかり春になり、早朝の澄んだ空気に小鳥の声が響く。

ゆるやかな登山道には 春、真っ先に咲く 青色の花のエゾエンゴサク
えんじの花のえんれいそうが 咲いていた。
季節の移ろいや自然の優しさにふれると なんと心が爽やかなことか!

人間なんでもほどほどが大事なんだなあ~~。
 

[PR]
by komadori2s | 2008-04-17 22:17 | 生活 | Comments(5)

まだ全快していません

パソコンのリカバリーは無事終えて帰宅したのだが
なぜかメールの送受信だけができない。

まだ健康回復してないと 元気がでてこなくて。
このブログも投稿できるかどうか、練習してみた。

[PR]
by komadori2s | 2008-04-16 20:45 | Comments(1)

c0123031_16172657.jpg
2008/04/08(火)
暖かいが曇天


 わたしのパソコンが明日から 入院することになった。
パソコンも持主に似るらしくどうも とろくさくて反応が鈍いらしい。

SSNベテランの ヨコヤマさんから 少しでも長持ちさせるためには大手術をしたほうがよいとの忠告をいただいた。

つまり「リカバリー」をして初期設定にするそうだ。
その際、消えるソフトがあるので バックアップをしておくように言われている。
外づけのバックアップはしたつもりでいるのだが、不安である。

何だか、脳梗塞かメタボにかかったような気持ちで、手術がこわい。
私のPCには内臓脂肪がつきすぎているらしい。

まあ、ここは腕のいいヨコヤマさんに身をあずけることにして。
忙しい合間をぬって大手術をするので 3~4日はかかるそうだ。

・・・と、なるとこのブログもお休みとなる。
皆さんのブログをみれないのが寂しいなあ~。

[PR]
by komadori2s | 2008-04-08 16:22 | 生活 | Comments(8)

木の芽時

c0123031_1684395.jpg
2008/04/07(月)
 曇


先週は毎日でかけていたので
この週末4日間ほどは、家の中でゆっくりとすごした。
と、いっても家のなかでは いっぱいすることがたまっている。

散らかっている衣類の整理、保存食のおかずをつくること、埃がうずをまいているから掃除、
乱雑になっている机上、・・・と、あげるときりがない。

が、何もしたくなくて朝の散歩にも行かず、ごろ寝をして本を読んだり、
パソコンでブログの絵をえがいたり、と好きな事だけをしていた。

心の中ではあせっているのだ、まづは、家の掃除、掃除と。
が、どうしてもしたくない、そして誰かの ”せい”にしたくなる。
そうだこの天気 ”曇天 ”が悪いのだと思った。

テレビのニュースで本州の方は 桜、桜、満開、満開、とウキウキした様子を報じているではないか。
こちらはやっと かわいい”クロッカス”が咲いたばかりだというのに。

人の心は天気に左右されるという。
快晴だと気分もウキウキしてくるし、曇りだと気分はふさぎがちになる。
そういえば、このところ冷たい風が吹き、霧雨だったり、うす曇りの日が続いていた。

昔から木の芽時の体調不良と言う言葉をよく聞く。

検索でしらべてみると、
「木の芽が伸びる時期は、人間の内臓等も働きが活発になり、
肝臓が血液を多く吸収する為、自律神経失調症等にかかりやすく、
それによりホルモンのバランスが崩れ、体調不良を訴える人が多くなると言われています。」と。

私の怠け病は この「曇天」と「木の芽時」のせいなのだとおもうと
なにやら ホッ!とした気分になった。

[PR]
by komadori2s | 2008-04-07 16:11 | 生活 | Comments(2)

「夜のお食事会」

c0123031_1944399.jpg
2008/04/04(金)
うす寒い 春は遠からず


昨日の3日は。
午前は サロンにてSSNの役員会、。

午後は そのまま同じ会場で パソコン工房主宰の講座受講。
「パソコンが壊れたと時に備え、Myパソコン用のリカバリーCDを作る 」と言う内容。
 すごい活気で40人ほどの受講生。


「夜のお食事会」

そして、夜はSSN「料理愛好会」主催のディナー。
いつもはランチ会なのだが、今日は、はじめてのディナーである。
JRタワー開業5周年記念のためコース料理が半額である。
これが魅力なのである。
20数名ほどの参加。男性6名。

札幌駅に隣接している「ステラプレス・センター6階」にある「宙」(そら)、という店。
ここはお洒落な ワインバーとフランス料理。
駅前通りのキラキラと煌くネオンを一望できる、窓側の席であった。

フランス料理は絵画のような芸術である。
白い大皿の真ん中に、ほんの少しの生ハムと、紫色のチコリ、緑のハーブ野菜、オリーブのピクルスが形よく盛られている。
皿のしろい空白部分がゆったりとした気分にさせてくれる。
私は、絵画でも、文章でも空白とか余韻が好きである。
そのまわりには、ソースを水玉のようにチョン、チョン、と絵筆で描いてあり かわいい。
そんな大皿の、魚介類、牛肉、パスタ、などなどと絵画の料理が出てきて美味しくて楽しい。

1品1品 ゆっくりと出される料理の合間のお喋りは弾む。
向かいの席はFさんご夫妻。
ご主人は海釣りがご趣味で 美味しい魚のはなしを聞かせていただいた。
「ほっけ」は日本海で獲れるのよりは 太平洋の「白老」でとれるのが最高においしいそうである。
スーパーで売っているのとは 全然味がちがうそうだ。
魚も獲れる海域によって味が違うことを 始めて知った。
わたしはスーパーの味しか知らなくて悔しいなー。

私はI女史の残した赤ワインもいただいて2杯も飲み
ほろ酔い気分で 楽しい一日であった。 

[PR]
by komadori2s | 2008-04-04 19:42 | | Comments(10)