ブログトップ

こまどり日記

c0123031_15522498.jpg2008/03/31(月)
曇り、さむい


宮本輝/著 「流転の海」1部
このところ、宮本輝の本にはまっている。
「流転の海」は父親の生涯を描いてある。
大作で5部から6部にわたってあるそうだ。
今は、1部をよみおえたところだがおもしろい。
今日は、図書館へ2部を予約してきた。

第1部は、
大阪の焼跡闇市から実業家として再起をはかる松坂熊吾。豪胆にして理不尽な男が、五十歳にして初めて子を授かった。作者自身の“父と子”を描くライフワークの第一部。

[PR]
by komadori2s | 2008-03-31 15:55 | 読書 | Comments(8)

c0123031_14391671.jpg
2008/03/29(土)
 どんよりとして霧雨


3月28日(金)
 午前 ヨガ
 午後 SSNのフォーラムで「新しい北海道の花」、講演者、梅沢俊氏


3月26日(水)
 今年のカラオケ・パーティー 

 SSNのカラオケクラブ5周年の祝いの会が午後から始まった。
場所はススキノにあるダンスホール貸切で。
小樽の会員も10数名きて下さり、総勢40数名の参加であった。

楽しくて面白いイベントがあり、なんとパワフルなシニアたちよ!と、感動する1日であった。
私達9人のフラガールも4曲も躍らせて頂いた。

その他、もとプロ歌手でテレビにも出ていらした”ホロホロ”さんのハワイアンの歌と、
”トシコ”さんの(ハワイじこみ)フラとのコラボレーションは素晴らしいものであった。
みなさん、ハワイのムードにしたり うっとりと見とれてしまった。

寸劇は、衣装,かつら、をまとってのコミカルな「寛一お宮」で、これも、抱腹絶倒でみんなを笑わせてくれた。
私は腹の皮がよじれるほど笑った。

その他は、みなさん歌って、踊って、食べて、飲んでと何と元気なシニアだろう、と嬉しくなってしまう。
自分もそのなかの一人なのだが。

カラオケクラブ役員の方ガタは仮装をして
西条秀樹の「ヤングマン」を「シニアマン」の替え歌にして歌いながら 躍動感の踊りと、楽しませてくださった。
ありがとう!

場所を替えての2次会でも唄って踊ってと元気いっぱい。

帰宅すると夜の9時ごろになっていた。
まあ、朝から夜まではしゃぎ廻っていたことになる。
翌日は、やはりシニアなのか疲れてグッタリとしていた。

[PR]
by komadori2s | 2008-03-29 10:58 | その他 | Comments(12)

電磁波のこと

c0123031_203565.jpg
2008/03/23()
春うらら
22日の土曜日は近代美術館へ
「エジプト展」を見にいく。


電磁波のこと

あるブログをみていたら“電磁波”について詳しく調べているのに出会った。
わたしは身体によくないことぐらいの知識しかないので、検索でもしらべてみた。
が、このブログを読むと
現代の生活は廻りほとんどが電磁波だらけで 避けて生活することはできない。

それで心当たりがある。
3年ほど前にパソコンを始めてから、わたしは万年の肩こりになった。
マウスを握るせいだと、思っていた。

そこで、高額なマッサージチェアーを購入した。
毎日朝夕、心地よくマーッサージをしていた。
深々とした椅子にすっぽりと埋まって マッサージをしていると
気持ちよくなって最後はかならず心地よい眠りにはいり
1日2~3時間はマッサージチェアーのなかに 埋まっていることになる。

が、変である、この頃肩こりがいっそう頑固になったような気がする。

パソコンからでる電磁波は肩こり、目の疲れ、倦怠感、を招くそうだ。
それから電磁波を強く出しているもののなかにマッサージチェアーがあるではないか。
すっぽりと 密着するものほど電磁波を受けるらしい。

すると、マッサージが終わったら 眠ったりしないで電源を切って
急いでその場から離れなければならないのだ~。

微量な放射能と同じ物だから、国の宝である子供たちを守らなければならない。


電磁波のブログ
[PR]
by komadori2s | 2008-03-23 20:04 | その他 | Comments(15)

ラーメン談議

2008/03/21
暖かでコートなしでもよいくらいの陽気。
午前はヨガへ

c0123031_1704398.jpg

SSN仲間のnakapaさんのブログに札幌「味の三平」のラーメンの
うん蓄がのべられていた。
読んでいるうちに美味しそうで私も食べたくなった。

以前からここのラーメンを食べてみたいとは思っていたが
いつも、店の外まで行列して客が待っているのを見てその機会を逸してきた。

今日は、三越デパートまで用事があったので
向かいにあるセントラル大丸のなかにある「味の三平」へ寄ってラーメンを食べることにした。
もちろん、nakapa流どおりに一人で食べに行くのである。

6人ほどが椅子にかけて 待っている。私もその隣に座って待つ。
すかさず店員さんが「詰めて座ってください」「何にしますか」と、たたみこむようにきく。
すぐ応えないと怒られるような、緊迫感がある。
考える隙がなかったので、いそいで塩にお願いします、と応える。

命令的に「荷物は棚にのせてください」と、いう。
荷物は壁にある棚の上荷乗せるらしい。

まづは、わたしの個人的なラーメンの感想。
スープはアッサリ系だが深味があり、美味しい。
麺は太くてちじれ系。
具は玉ねぎとひき肉が主で少々。私はチャーシューのほうが好きである。
丼が小さすぎて、大盛を頼んだ客のは スープが溢れてこぼれていた。
普通は850円、大盛は1150円。

思いだしたことがある。
以前、新聞に観光客からの投書で「味の三平」への批判がのっていたことがある。
詳しい内容は忘れたが、無愛想である、味もまずい、高い、そのような内容だったような気がする。

たしかに客の回転をよくするためであろうが すべてが切り口上で笑顔がない。
食べ終えるか,終えないうちにさっと食器をひいていった。
早く席をあけろと言われているようで 感じがわるかった。

nakapaさん、せっかくお勧めなのにごめんなさい、
ラーメンの好みは人それぞれだから 決めつけることは出来ないが
わたしは、2回目はパスしま~すッ。
帰るころには、10数名ほどの客が店の外まで並んで待っていた。

nakapa さんのブログ
 ラーメンはやっぱり「味の三平」はここです
 
[PR]
by komadori2s | 2008-03-22 00:05 | | Comments(4)

フラ ボランテア

c0123031_6223232.jpg2008/03/19(水)
ポカポカとして春の陽気になると
心もウキウキとしてくる。


今日は真駒内にある 介護つき有料老人ホーム
「ネクサスコート真駒内」へ
フラボランテアにいってきた。
今日は「お誕生会」のイベントの一つとして 踊らせて頂いた。
今日の踊り仲間は5人のメンバーである。

そこは住宅街にある 茶系の洒落た建物であった。
手振りで踊ってくださった方や ご婦人がたの笑顔は嬉しい。

踊り終えてから、職員のかたが施設のなかを案内してくださった。
各部屋はホテル部屋のような感じである。
そのほか、談話室には書棚、茶室、電動マージャン卓、ピアノ、
運動部屋には健康器具、などがあり 楽しそうであった。

又、所々にたくさんの素敵な油絵がかけてある。
お聞きしたら、入居なさっている方のご主人の絵だとのこと。
とてもうまい絵なので プロの方だろうなあ~、と想像してみた。

[PR]
by komadori2s | 2008-03-20 06:27 | フラ | Comments(7)

東京大空襲

c0123031_623721.jpg
2008/03/18(火)
雪も融けて、コートも軽くなった。
午後から SSNの役委員会へ。


昨日、テレビで2夜にわたって「東京大空襲」のドラマをみた。
昭和20年3月10日のできごと。
火の海を逃げ惑う人々。焼け爛れて死んで行く人々。
もう、地獄絵図は筆舌に語りがたい。
この時、30万人の人々が亡くなっているそうだ。

わたしは「ウワーン、ワ~ン」と声をあげ泣きながらみていた。「どうして、人間がこんなこを・・・」「やめてー、」と、叫びながら。

この時、私は何歳でどこにいたのだろう?
4歳の記憶は点のようにしかないが中国にいたことになる。
大空襲の数ヶ月後に中国から日本へ引き上げてくることになるのだ。
リュックを背負って、親に手をひかれながら逃げ帰ってきた記憶がある。
子供は私の他に年子で3歳の妹と乳飲み子の弟がいた。
帰国してから、その妹、弟は栄養失調で死んでしまった。

東京大空襲から60数年が経った現在の東京の街並みが写された。
橋のうえから眺める景色は、青い空にビルの立ち並ぶ平和で近代的な都市になっていた。

戦争なんて、戦争なんて、やめてしまえ。
今も、地球のどこかで戦争がおこっている。
<`~´>、、、。

[PR]
by komadori2s | 2008-03-19 05:46 | Comments(3)

東野圭吾著  「手紙」

c0123031_1831177.jpg 2008/03/16(日)
どんよりとした曇り日


 私は本を読むのが遅くて、1冊読み終えるのにだいたい1週間ぐらいはかかる。
・・・が、この本は一気に一日で読み終えてしまった。
1ページめから最後まで ドキドキ、ハラハラとしながら引き込まれていった。

粗筋は
天涯孤独の二人兄弟。
弟の学資を捻出するために、兄は 強盗殺人をおかしてしまう。
弟のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く……。
しかし弟は、進学、恋愛、就職と、幸せをつかもうとするたびに、
「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる非情な現実。
そんな弟の心理が克明に描かれていく。

読者の私は 強盗に応援しているから不思議である。
兄がある家に強盗に入ったのだが、あまりのんびりしているので
「ほら、ほら、そんなにゆっくりしていたら家人にみつから早く逃げなさい」と
協力しているのだ。

又作者は 強盗の経験があるのではないかと おもうほど微妙な心理描写がうまい。
そして弟の苦悩の人生もせつなく、つらいものであった。

今も社会には多くの犯罪が起こっているが、
その裏には一般には知りえない事情が潜んでいるのだなあ、と思った。

[PR]
by komadori2s | 2008-03-16 18:13 | 読書 | Comments(7)

パソコンを始めた動機

2008/03/14(金)
どんよりとしている。
霧雨

c0123031_16461491.jpg

わたしは機械は全く苦手であった。
それに六十代になってからの パソコンは必要もないし、興味も関心もなかった。
第一に覚えられるかどうかの 自信もなかった。

・・・が、覚えようと思った動機には いくつかあるが
そのなかの一つに 図書館へいったら、ある日から突然、パソコンで検索するようになっていた。
銀行へ行ってもATMで操作をする。
飛行場へいってもパソコンで申し込む。
これから生活していくのにこれは大変、と思うようになったのである。

その後、札幌シニアネットに入会して親切ていねいに教えていただき今では、パソコンで 楽しい シニアライフを過ごしている。

何より嬉しかったのは、今日、図書館へ行ったら パソコンの操作により 本の予約の申し込み方法が、とても簡単になったことである。

今までは、借りたい本があるかどうか、だけの検索であった。
そして予約するときには、申し込み用紙に
10桁の登録番号や、本の名前、著者、発行所、
それから自分の住所、氏名、電話、連絡方法、などを
こまごまと記入して受け付けに提出する。
これがが結構、面倒であった。

これからは パソコンにパスワードを入力するだけで簡単に予約ができるようになっていた。
夏以降からは 自宅のPCからも予約ができるようになるそうだ。

ほんとうに、PCを覚えていて良かったねと 自分をほめてやる。
今ではPCなしでは生きていけないほど 惚れこんでいる。
仕事ではなくて、遊びの部分で接しているから楽しいのかもしれない。
これが仕事だと ストレスになって 楽しくはないのかもしれない。

その他の動機としては、これはあまり言いたくは ないのだが
もし、一人暮らしになっても 寂しくないように 心の準備のつもりでもあった。

[PR]
by komadori2s | 2008-03-15 07:21 | Comments(7)

プレゼント

c0123031_16204737.jpg2008/03/13(木)
春の陽射し、風が冷たい


わたしは 古布で袋物やタペストリー、アクセサリーをつくるのが好きである。

お友達から沢山の和服や和服布をいただいた。
頂いた布で お礼に何かと思い アクセサリーを作ってみた。
チョーカー(首輪のようなネックレスのこと)を。

濃緑のベルベットの布の上に豪華さをだすのにビーズで刺繍をしていくのが楽しい。
きまりはなくて、自分の感覚だけでビーズを盛り上げるように重ねて行く。

出来上がって見ると、結構お洒落で豪華である。
お友達に喜んでもらえるとうれしいなあ~。

[PR]
by komadori2s | 2008-03-13 09:08 | 人物 | Comments(8)

風邪ぎみ

c0123031_3364395.jpg
2008/03/10(月)
いっきに気温があがり 雪山がとけだした。


 健康の秘訣は? ときかれたら
「よく食べて、良く眠ること」と豪語していたのに3~4日まえから風邪気味である。

いつもは、風邪かなと思ったら薬を飲んで一晩ねれば 直っている。
今回は かるい咳だったので薬はのまずにそのままにして過ごした。

翌日からは咳がひどくなり、身体も熱っぽい。
急いで薬を飲んだり、生姜のはちみつ湯などを飲んで過ごしているがなかなか、元気にならない。

それでも、昨日はフラの練習にいってきた。
楽しい事をやっているときには 風邪の気だるさはすっかり忘れている。

これでなおったー、と安心したが・・・、翌日は咳がひどくなり、ハスキーな声。
食欲だけは落ちなくて困っている。
ごろ寝をして食べているので、太るばかりである。

やはり、何でも初日が決めてになるようだ。

[PR]
by komadori2s | 2008-03-11 03:43 | Comments(10)