ブログトップ

こまどり日記

イスカ という鳥

2009/05/02(土)
晴れ

やっと、昨日あたりから暖かな日が続く。桜が咲きだした。
c0123031_19314837.jpg
c0123031_20182081.jpg


今朝ベランダから見える 白樺の枝に 珍しい鳥が群れてとんできた。
急いで双眼鏡と望遠鏡をつかってみると「イスカ」という鳥である。
雀と鳩の中間ほどの大きさの鳥。
赤い鳥。

山間にいかなければ めったに見れない鳥である。
こまどりは 狂喜した。

なんといっても 面白いのは 嘴が交差して食い違っていることだ。
イスカのくちばしは 左右互い違いになっており、このくちばしを使って、
松ぼっくりなどの針葉樹の種子をついばんで食べる。

物事が食い違ってうまくいかないことを 「いすかのくいちがい」とか
「いすかの嘴(はし・くちばしのこと)」などと言い、
交叉しているイスカのくちばしにたとえられていることは有名だ。

白樺が いっきに芽吹いてきたから 新芽をたべにきたのだろう。
赤い鳥にであうと シアワセが 舞い込んできたような気分であった。
[PR]
Commented by holoholom at 2009-05-03 07:13
双眼鏡と望遠鏡ですか、忙しいですね(笑)
でも、幸せが舞い込んでくると良いですね
「イスカ」のこと、語源になっているとは知りませんでした
Commented by こまどり at 2009-05-03 08:34 x
ホロホロさん、そうなんです、双眼鏡で確認してから じっくりと望遠鏡で見るんです。目の動きまでみれてたのしいんですよ。
Commented by ぶらり一人旅 at 2009-05-03 09:08 x
おはようございます。
”イスカ”珍しい鳥ですね。 はじめて見る、聞く鳥です。
いい事がありますよう~に・・・
サクラが満開になりましたね。 
Commented by フラダン at 2009-05-03 11:00 x
 「イスカのくいちがい」、この諺に私は面白い経験があるのですよ、、  父が云っていたのを聞いて子供の頃「スイカの食い違いと」と思い込み
どうしてして、こんなところでスイカを食べ間違った話が出てくるのが
不思議でした、嘴が交差して食い違っていることの意味を理解できたのは18歳位になってからです、でも、それがどんな鳥かは?今の今まで知りませんでした、コマドリさんは良く何でもご存知ですね、、、感心します、何十年も生きて来て、恥ずかしいですが、「イスカ」という鳥を今日
この写真で初めて知りました、こんなに綺麗な鳥なのですね、、、
幸せが舞い込んで来た様な気持ちが判ります、、、ヽ(^o^)丿
Commented by oss025 at 2009-05-03 11:17
「イスカのくいちがい」 そうなんですか?
こまどりさん、詳しいですね。
そんな珍しい鳥が、たまたまこまどりさんの近くに姿を現すなんて、
赤い羽根といい、縁起がいいですね。
Commented by 鶴子 at 2009-05-03 19:46 x
「イスカのくいちがい」 有名なんだそうですが、知りませんでした。
イラストのイスカは、ちょっとふくよかですね。
こまどりさんは、さすが鳥には詳しい。
鳥の名前の鶴子ですが、スズメとカラスと鳩と・・・・
あとは、さっぱり分かりませ~ん。
Commented by komadori2s at 2009-05-04 05:11
ぶらり一人旅さん、訪問ありがとうございます。そうでしたかー、はじめてですか。めったに見れない鳥なんです。
Commented by komadori2s at 2009-05-04 05:18
フラダンさん、ウッフッフッ・・・、「スイカのくいちがい」ね。こまどりはすぐに「イカスの・・・」などといってしまいます。わたしは 野鳥の会に入っていたので そのときに知った鳥です。この言葉も。でもお父様は昔から「イスカの食い違い」の諺使っていたなんて 物知りだったんでしね。
フラダンさんが イスカにまつわるお話が あって嬉しかったです。
Commented by komadori2s at 2009-05-04 05:31
25歳さん、おはようございます。はい、野鳥の会にはいっておりましたのでそのときしりました。初めてみたときには あまりにも可笑しいのと、珍しいのでわらってしまいました。めったにみれないんですよ、渡りの途中に休憩していくみたいです。
Commented by komadori2s at 2009-05-04 05:34
鶴さん、そうですか物知り鶴さんでも、しりませんでしたか。
これからは、私も 夫婦喧嘩のときには 「イスカの食い違いでして」などと使っても、みなさんにわかってもらえますね。
Commented by はるママ at 2009-05-04 21:39 x
前回訪問した時、イラストに気付きませんでした!
なんて不覚。
イスカの食い違い、聞いたことあったけれど、こんなきれいな鳥とは知りませんでした。百聞は一見に若かずってこういうこと?
桜がつぼみの頃、おなかが黄色い鳥が遊んでいて、すごくうれしかったです。
イスカさんが裏の桜に来てくれたら感激しちゃうなぁ・・・
Commented by こまどり at 2009-05-05 06:29 x
ハルママさん、はい、イラストは少し遅れてからいれましたので。出かけることが多くてまにあわなかったんです。
「イスカのくいちがい」しってましたか。それは嬉しい!
おなかの黄色の鳥はたぶん、「カワラヒワ」だとおもいます。鈴をころがしたような きれいな声ですよ。
by komadori2s | 2009-05-02 20:24 | 動物・鳥 | Comments(12)