ブログトップ

こまどり日記

春の雪

2017/03/24(金)

春の雪

昨日までに歩道の雪も解けたので、さあ、自転車に乗れる!と喜んでいたのに
昨夜から今朝にかけて大雪が降った。  早朝、除雪車の轟音で目がさめた。
長靴をはいて出かけた。

Flash で作った兎のアニメはそんな雪の降る光景だった。
「Wix」(ウイックス)で作ったHP、  「 RinngoアニメⅡ」にあげてみた。
アニメをクリックすると、夏の兎から、冬の兎になっていく。
ここをクリックしてください
c0123031_10564283.jpg

[PR]
# by komadori2s | 2017-03-24 08:53 | PC | Comments(0)

窓辺のカーテン

3月20日(月) 春分の日
まだ、まだ空気が冷たい。
オーバーを着て出かける。

PHOTOSHOPで窓辺のカーテンを作る  


今日のPC絵画クラブでは、
花壇の写真の上に窓辺とカーテンをつくった。
カーテンの透けている感じを出すのは、「効果」のところから何度も繰り返して薄くしていく。
ほんとに、このPHOTOSHOPは、細かいことができて優れものだなあ~、と思う。
c0123031_15233061.jpg

[PR]
# by komadori2s | 2017-03-21 10:44 | PC | Comments(0)

震災から6年目になる

2017/03/12(土)

震災から6年

きょう、3月11日は東日本大震災から6年目になる。c0123031_1584487.jpg
テレビで見た被災地の惨状は、今も胸が痛む。
被災者の方々の、苦悩は筆舌に記しがたい。

吉村昭著「三陸海岸 大津波」を読んだ。 
2004年に第1版が出ているから
今回の震災から7年ほど前に書いていることになる。

この本は、不思議なぐらい、今回の震災を予言しているかのようだ。
著者は、20年以上も以前から、この地へ足を運び村人からの証言をもとに
この本を書いたそうだ。

明治29年、昭和8年、昭和35年、と三陸海岸は3度も
大津波におそわれている。
忘れた頃に、また、やってくるであろう、災害を防ぐ法はないだろうか。

私は、いまこうやって安穏と暮らしているが
被災者のことを思うと、いたたまれない気持ちになる。
夜空をみあげると、十三夜の月がかがやいていた。
[PR]
# by komadori2s | 2017-03-12 10:29 | 読書 | Comments(0)

三月の雪

2017/03/11(土)

三月の雪  

早朝4時頃、外はまだ暗い。c0123031_15405945.jpg
窓のカーテンの隙間から外をのぞいてみた。
驚いたことに、真冬のように一面真っ白に雪が降っている。
駐車場の車も綿帽子をかぶったように、真っ白だ。

春の明るい日差しに喜んでいたのに。
あ~~、雪はもういらないと、がっかりした。

が、街灯の明かりに照らされた雪のなんと美しいこと。
キラキラとした妖精が舞い降りてくるようだ。
暗闇のなかの幻想的な光景にしばしみとれていた。
[PR]
# by komadori2s | 2017-03-11 15:27 | 風景 | Comments(0)

2017/03/02(木)

3月に入った。まだまだ寒いが日差しが柔らかになった。
車道は舗装がでているが、歩道は、ザクザクの雪道で歩きにくい。
春はもうすぐだなあ~。

南房総旅行(2話)マザー牧場
牧羊犬と羊たち

最終日のこの日は、雨と突風だった。 c0123031_2014089.jpg
広大なマザー牧場だが、屋内で羊のショーを見ることにした。
内心、羊なんて札幌でもたっぷり見ているし、とあまり期待してなかった。

ところが、牧羊犬と羊の関係が面白くて,感心してしまった。
羊は、犬が吠えると恐くて、怖くて、逃げ回る。それから、犬の目力も怖いそうだ。
犬が吠え続けると、羊の群れは固まってしまい、羊が団子状態になってしまう。

私は、羊って、なんと優しいのだろうと大好きになった。
羊という文字だって 美しいがはいっている。そう、羊は優しくて美しいのである。
c0123031_19563169.jpg

c0123031_19575079.jpg

[PR]
# by komadori2s | 2017-03-02 19:37 | | Comments(2)